頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブ大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

1. バッフル板(バッフルプレート)

現在、当方が所有する薪ストーブはドブレ760CB、ドブレ640CB、バーモント・キャスティングスのビジラントである。この中でメインで使用しているドブレ760CBについて、インターネットで検索してもヒットしない部分、購入を検討するうえで事前に知りたい事などを思いつくまま紹介していこうと思う。(余談になるが、厳密に言えばドブレ640CBは弟がオーナーである)

一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。

バッフル板 (バッフルプレート)

炉内で一番高温にさらされているはバッフル板である。760CBはこのバッフル板が左右2枚の鋳物のプレートで構成されているので、数年間使用していると鋳物ゆえに歪んだり、穴が開いたりして、要交換となるようだが、「これは消耗品と割り切った方が良い」などと簡単に言われても、それではその消耗品は一体いくらでしょうか?数千円で買えるのでしょうか?という事になる。そこで、今回はその金額と1年間(ワンシーズン)使用したバッフル板の歪み具合の写真を紹介したい。 

f:id:kutomi-church:20170909113329j:plain

更に拡大した写真

f:id:kutomi-church:20170909113414j:plain

もともと、左右ぴったりと合わさり隙間なしだったのが、1年で1㎝強の歪みが出てしまった。更に毎年少しずつ歪みが大きくなるのだろうが、これは何年間引っ張る事ができるだろうか。私がこのブログを続けている限り、毎年バッフル板の写真を追加していこうと思うが、これを10年は持ってほしいと思うのは私だけだろうか。ちなみにバッフル板の金額は760CBで20,000円税抜・送料別、640CBが17,000円税抜・送料別であった。

この部分が鋳物ではなくバーミキュライトになってきているのが、最近の薪ストーブの流れではないだろうか。数年で要交換とならない薪ストーブの方がより良いと思うが、交換したくても交換できない薪ストーブもあるので、簡単に自分でばらせる、バッフル板も自分で交換できる760CBや640CBはその点で優れていると思う。しかし、バッフル板をバーミキュライトで作って、現行品にも対応した形でマイナーチェンジをして販売してもらえれば尚有難い。

今後、当方が所有している760CBのバッフル板が駄目になった際に、バーミキュライトのバッフル板と交換という風になってもらいたいと切に願う。ドブレさん宜しくお願いします。いや、これはメトスさんからドブレに要請してもらった方が良いのかな?

 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。