頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

バーミキュライトでドブレ760のバッフル板の作製 その5

ホームセンターで買ってきた3cm×3cmのLアングルですが、長さが90cm以上あるのでドブレ760の炉内の大きさに合わせてカットしなければならないのですが、その前にバカ棒で適正な長さを調べる事にしました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20180913113731j:plain

何か適当なものが無いか境内地を見渡して、丁度良さそうな棒があったのでそれを70cmにカットして使いました。

色々試してみてだんだん短くなって、最終的に横幅は65cmが適正寸法だと分かりましたので Lアングルはその寸法でカットしました。

f:id:kutomi-church:20180913114048j:plain

ん~、マキタ ディスクグラインダを買っといてよかった。こういった工具が無いと、いくらいいアイデアを持っていても何も実現できない(笑)。

f:id:kutomi-church:20180913114230j:plain

65cmにカットしたLアングルを炉内の左右にある出っ張りに置いてみました。いい具合です。

f:id:kutomi-church:20180913114441j:plain

さあ、いよいよバーミキュライトのカットになりますが、ここで我が家には差し金(曲尺)がない事に気が付いた。バーミキュライトをカットする際に直角が出せるので便利だと思っていたのですが、いくら探しても見つからない。

中学校の時に技術の時間で使う大工道具を一式を買った中に差し金はあったので、捨てた記憶はないので家の中のどこかにあるはずですが見つからないので、ホームセンターへ買いに走りました。

f:id:kutomi-church:20180913114834j:plain

色々なサイズがあるのですが、思っていたよりも随分高い。そこで、その中で一番安い物にしました。300円の30×15cmの黒い差し金です。

f:id:kutomi-church:20180913115150j:plain

その後、Amazonでも同じ商品が売っている事を発見しましたので、下に貼っておきます。

シンワ測定 サンデーカーペンター 15×30 12416

f:id:kutomi-church:20180913120302j:plain

バーミキュライトをカットする前に、念の為木型を仕上げ寸法にカットして、炉内に入れてみる事にしました。

f:id:kutomi-church:20180913120704j:plain

木型は65×30cmの大きさだったので5cm短くして60×30cmにしました。この寸法でぴったりくるはずです。

f:id:kutomi-church:20180913131942j:plain

計算通りぴったり。素晴らしい。

f:id:kutomi-church:20180913120744j:plain

ところが、この木型を装着するとサイド扉側から指が入るほどの隙間がある事が発覚。いきなりバーミキュライトをカットしていなくて良かったと思った瞬間です。

f:id:kutomi-church:20180913130819j:plain

念の為、既存の鋳物のバッフル板はどうなっているのか調べてみたのですが、逆光で白っぽい写真になってしまいましたが、上の写真は鋳物のバッフル板の状態で指を入れている写真になります。

f:id:kutomi-church:20180913131142j:plain

炉内から見ると、こんな感じになります。驚いてしまいましたが、指が入るだけの隙間がある、けっこういい加減な設計だったという事が今回初めて分かりました(笑)。サイドドアに水分が集まり易いのは、この隙間が原因だったんですね。

鋳物のオリジナルバッフル板にも隙間があるのだから、これから作るバーミキュライトも隙間があってもいいような気もしますが、せっかくオリジナルを作製するのですから、ちょっと工夫してみる事にしました。

つづく 

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)