頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブ大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

5. オーロラ炎

ドブレ760を導入する前の話になるが、バーモント・キャスティングスのビジラントを使っていてオーロラ炎は見た事がなかった。「次に薪ストーブを買う時はオーロラ炎の見れる機種を買おう」と思っていた事を、先日ふと思い出した。

 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。 

f:id:kutomi-church:20171028094713j:plain(綺麗に燃焼中で一次給気以外は絞ってない状態)

オーロラ炎の定義は今一つ知らないが、何となくオーロラ風の炎という風に理解している。違っていたらごめん。

個人的には、薪とくっついている炎ではなく、薪から離れて出ている炎で、色も青色が混じっている方が本物のオーロラっぽくていい。

そんなオーロラ炎は特別な薪ストーブでしか現れないのかと、ビジラントを使っている時に思っていたが、今どきの高性能薪ストーブであれば殆どの機種でオーロラ炎を見る事ができるのではないだろうか。

乱暴な言い方だが、200度以上の温度で燃焼中に酸欠にしてやるのがコツだと思う。しかし、これがビジラントではできなかったのである。何故なら隙間だらけで酸欠にすることができない薪ストーブ石炭ストーブだったからである。 

f:id:kutomi-church:20171028095551j:plain

一枚目の写真から二次給気と煙突ダンパーで空気を絞った状態にするとオーロラ出現。(室内の照明を落として撮影)

f:id:kutomi-church:20171028095939j:plain(もう一枚)

f:id:kutomi-church:20171028100032j:plain(照明を点けるとこんな感じで味気ない)

f:id:kutomi-church:20171028100259j:plain(そこで、もう一度照明を落とすとエクセレント!)

現在はドブレ760で、いつでもオーロラである。

このブログをご覧の中で、「オーロラ炎こそが、ドブレ760を買うか買わないかの重要なポイントだ」と思ってインターネットで検索して辿り着いた方がおられましたら、安心してご購入頂ければと思います。

但し、煙突ダンパーはできれば(煙突側のオプションで)追加して購入されることをお勧めします。その理由は3. 煙突ダンパーは必要か をご覧になって下さい。

青色の炎も針葉樹では見られないのではないだろうか?広葉樹を燃やした時に初めて出てきたように記憶しているが、どなたか詳しい方がおられましたらコメント欄でフォローして下さい。

朝、バットの端材を山盛りにして火を点けて、追加薪なしで終了という燃やし方の中で出てきたオーロラの写真でした。追加薪をくべて本格的に稼働するようになりましたら、次はオーロラ炎の動画に挑戦したいと思います。乞うご期待!

 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。