頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

バーミキュライトでドブレ760のバッフル板の作製 その6

予定していた60cm幅のバッフル板の大きさを2cm長くして62cmとし、指が入る隙間を埋める事にしました。しかし、そうすると右下の角が炉内の出っ張りに引っかかるので、1工程増やして角を小さくカットする事にしました。 

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180913131759j:plain

何cmカットすればいいか分かる様に鉛筆で印を入れているところです。

f:id:kutomi-church:20180913132349j:plain

縦3cm×横2cmカットすればいいことが分かりました。

f:id:kutomi-church:20180913132532j:plain

さあ、切断作業開始です。バーミキュライトの原板サイズは100×33cmですから、先ず横幅を62cmにカットします。

f:id:kutomi-church:20180913132649j:plain

普通のごぎりを使うと思うでしょうが、私はカッターを選択しました。写真はカッターの刃が刺さって斜めに立っている状態です。

f:id:kutomi-church:20180913132847j:plain

表からも裏からもカッターを入れて無事に切断成功。

f:id:kutomi-church:20180913132948j:plain

f:id:kutomi-church:20180913133016j:plain

切断面になります。それにしてもこのバーミキュライトは柔らかすぎるのではないだろうか?耐久性が心配になってきた。

f:id:kutomi-church:20180913133109j:plain

次に縦の長さを33cmから30cmへとカットします。

f:id:kutomi-church:20180913133435j:plain

先ほどより切断面が長くなった分、切るのは大変ですが無事に終了。

f:id:kutomi-church:20180913133556j:plain

次に横2cm×縦3cmの大きさで

f:id:kutomi-church:20180913133632j:plain

角を落とせば切断作業終了となります。

これをご覧になっている方で、バーミキュライトの切断経験があるという方はそんなにおられないと思うのですが、今回購入したバーミキュライトは特に柔らかかったのですが、普通の堅さの物でも木材程度の堅さをイメージすればいいということが分かりました。

切断にはカッターもいいですが、真っすぐ切る自信があるようでしたら大工さんが使うのこぎりがいいと思います。

最終話へとつづく

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。