頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

バーミキュライトでドブレ760のバッフル板の作製 その2

65cm×30cmの木型を炉内に入れる為の対策として、初めにサイド扉を開けてみましたが、もう少しの所で入りません。次に天板を外したのですが、これは全く意味がないという事が分かりました。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180909130444j:plain

今度は炉内にあるバーミキュライトを外してみることにしました。

f:id:kutomi-church:20180909130337j:plain

バーミキュライトは厚さが3cmあるのでもしかしたら、という思いです。

f:id:kutomi-church:20180909131403j:plain

その時にログガードも一緒に外しました。

f:id:kutomi-church:20180909131452j:plain

これで駄目なら後は65cm×30cmの木型を切るしかない状態です。

f:id:kutomi-church:20180909131835j:plain

ギリギリ入りました。 

f:id:kutomi-church:20180909131930j:plain

木型を適当に炉内に引っ掛けて正面から撮影。

f:id:kutomi-church:20180909132032j:plain

天板を外して上から撮影。

f:id:kutomi-church:20180909132133j:plain

横から見ると本物のバッフル板は湾曲仕様に対して木型は真っ直ぐなので、上に少し隙間ができてしまいました。

しかし、この木型の厚みは約2.5cmしかないのですがバーミキュライトは3cmなので、現状より隙間は少なくなると思います。

この状態まできて初めて、ドブレ760のバッフル板は1枚もののバーミキュライトで作ることができるという確信に変わりました。

安堵!

つづく 

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。