頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ショック!薪割り機の刃が曲がっていた!

昨日の薪割り作業の途中で気が付いたのですが、ブレイブ往復型20トンの刃が曲がっていた。

もうちょっと丈夫に作ってほしいと思った。

それがアメリカンってもんでしょう?

違う?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

一応我慢してそのまま使えるレベルではあるのですが、どれほどの曲がりかは下の写真をご覧になって下さい。悲しい。

f:id:kutomi-church:20190417162844j:plain

ブログでお伝えできるように複数枚写真を撮ってみました。

f:id:kutomi-church:20190417163000j:plain

反対側からの写真です。真っすぐでないことが分かると思います。

f:id:kutomi-church:20190417163047j:plain

真上から見るとこんな感じで刃が捻じれています。

往復型は刃が薄くできており、刃自体の背も高いのでこうなってしまうのだろうか?

こうならない堅牢な作りがアメリカンの魅力なのに、これでは魅力が台無しだ(笑)。

今のところはこのまま使えそうだが、これ以上の捻じれが発生した場合はshige02さんに相談だな。

しかし、この部品交換はとんでもなく高そうなので、このままの状態が続いてくれることを願う。

堅い樹種や素直でない木を割る機会の多い人は、往復型の薪割り機は選択しない方がよいと思います。

私の失敗例を参考にして下さい。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)