頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

コンクリート焼却炉の部材交換

以前、 富山県には富士コンがある(焼却炉の話)でお伝えしたことのあるコンクリート焼却炉ですが、胴の一部と煙突立ての部材が壊れてきたて、これ以上引っ張って使うのも困難と判断し、壊れた部材を軽トラに積んで富士コンへと向かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20190306153807j:plain

これが壊れた部材2点になります。

f:id:kutomi-church:20190306153853j:plain

新しい部材を待つ焼却炉と

f:id:kutomi-church:20190306153939j:plain

蓋になります。

f:id:kutomi-church:20190306154018j:plain

富士コンに到着し、事務所で部材代10800円を払い、壊れた部材を指定された場所に捨てます。

今度からは事前に電話注文してから来てほしいと言われました。以前は定番として生産していたようですが、焼却炉への風当たりが強くなったので、受注生産となったようです。

f:id:kutomi-church:20190306154147j:plain

新しい部材を積み込んでもらいます。

f:id:kutomi-church:20190306154407j:plain

もう一度事務所に戻り、領収書を受け取ってから帰りました。

f:id:kutomi-church:20190306154525j:plain

これは改良したロストルになります。純正品のロストルは鉄筋でできており、熱ですぐに曲がってしまうのと、酸化して細くなり使い物にならなくなるので何度か買い直してはいたのですが、3ヶ月ほど前に見切りをつけてプチ改良をしました。

40cm角の鋳鉄製格子蓋を購入し、四隅を切り落としてロストルとして使用しています。これなら壊れません。

f:id:kutomi-church:20190306155448j:plain

新しい胴を入れて、その上に古い胴を載せていきます。

f:id:kutomi-church:20190306155604j:plain

今日は使わないので、煙突立ての部分には蓋を載せます。

f:id:kutomi-church:20190306155706j:plain

これで完成です。

部材が新しくなって、不自由なく使えるようになりました。出番待ちです。

嬉し~。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)