頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

達成感ゼロの玉切り現場(嬉しい悲鳴とも言う)

弟は朝から玉切り作業に精を出していて、私が合流したのは午後2時半頃だったと思う。前日に届けてもらった原木は細かな枝が多く、せっかく持ってきてもらったのだから全て有効活用しようと頑張って玉切りをしていた。  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20181017104713j:plain

私が合流した時の状態です。それから暫くして

f:id:kutomi-church:20181017104932j:plain

2tダンプ満載で原木第二便が到着したので、どこに積んできた原木を下ろそうかという話になって、細い原木を右側に移して、

f:id:kutomi-church:20181017105158j:plain

空けた場所に下ろしてもらう事にした。

f:id:kutomi-church:20181017105312j:plain

f:id:kutomi-church:20181017105349j:plain

嬉しいに違いないが、すごろくで振り出しに戻ったような気分である。

大工さんの方は2人で伐採し、枝払いして大きい原木はリフトを使ってダンプに積んでいるとの事である。葉っぱが無いので、この状態にするのに大変な手間が掛かっていると思ったので訊いてみると、小さなチェンソーを片手で持って作業しているとの事でした。恐るべし。

f:id:kutomi-church:20181017110014j:plain

その後、もう1時間ほど玉切りをして4時半過ぎにその日の作業を終了した。

薪棚の空きがないので、アスファルトの上に木の桟を置き、その上に野積みした。写真では分かりにくいですが2列あって、奥の列は薪割り済みで前列が本日の成果になります。

割らなくてもいい細さの物が多く見られます。  

f:id:kutomi-church:20181017110855j:plain

切っても、切ってもある未処理の原木になります。翌日に繰り越しになりました。

嬉しすぎる(笑)。

しかし、体の方は虚弱体質で悲鳴を上げていて「腰が~!」

悲しすぎる(笑)。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)