頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

6m幅の単管薪棚の屋根作製

薪棚の屋根作製第4弾は幅が6mの薪棚になる。段々と大きな薪棚になっているが、今回は薪棚の背面が建物でなく生垣になるので、後側からの雨で薪が濡れないように今までよりも前後に奥行きのある大きな屋根にしようと思う。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180330144522j:plain

屋根の奥行きを考えた時にポリカの縦2mを何等分するかになるのだが、今までの薪棚は3等分していたが、今回は2等分でいくことにした。お店でブロンズのポリカを2mの物2枚を半分にカットしてもらい、3mの物1枚を3等分してもらった。横幅1105mm×長さ1mの物が7枚という事になる。

f:id:kutomi-church:20180330145621j:plain

f:id:kutomi-church:20180330145648j:plain

次に薪棚の横幅が6mに対して屋根の横幅は2×4の長さで決まるので、3660mmを2本並べると7320mmとなり、片側660mm屋根が飛び出すのは大きすぎるので、3660mmと3048mmを並べることにした。これだと片側が354mmの飛び出しになるので丁度いいのではないだろうか。

f:id:kutomi-church:20180330154433j:plain

2本の2×4を繋ぐのは、前回同様に写真上のシンプソン金具のタイプレートを考えていたのですが、欠品で必要数が入手できなかったので、仕方なく写真下の別の金具を購入した。値段も3倍とお高くなって残念。

そして、屋根が大きくなると薪の重りがあるとはいえ、設置場所が建物の脇でないので強風の時に倒れたり、飛ばされないか一抹の不安がある。

f:id:kutomi-church:20180330153933j:plain

そこで、今回は固定ベースをコンクリートにアンカーボルトで止めて、そこに単管パイプを挿す事にしたのだが、これだけでは単管パイプが抜けてしまうので、単管パイプに穴を開けボルトを通すことにした。

f:id:kutomi-church:20180330152825j:plainf:id:kutomi-church:20180330152915j:plainf:id:kutomi-church:20180330152947j:plain

上の写真が今回用意した物になりますが、下の写真のボルトは最安値の品になります。写真の物より短い物があればこれにしたのですが、長い物しかなく断念。切断してバリ取りをするという方法もありましたが、今回は見送りました。

f:id:kutomi-church:20180330153258j:plain

単管パイプに先ほどの10mmの太さのボルトを通したいので、鉄工用の11mmのドリルを購入。この値段が結構高い。

f:id:kutomi-church:20180330153508j:plain

固定ベースには単管を通し下の写真の様に止める予定です。

f:id:kutomi-church:20180330153724j:plain

これで、必要な資材の買い出しが完了しました。あとは組み立てるだけになります。

不定期につづく

1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。