頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

あぜ板波で作る4mの単管薪棚の屋根

2.5m幅の単管パイプで作る薪棚は先日無事に屋根の取付けが終わったので、今度は4m幅の薪棚に屋根を付ける準備にとりかかった。今回も大屋根の下に薪棚があるので、屋根材はポリカを使わずにあぜ板波になる。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180301101535j:plain

f:id:kutomi-church:20180301101610j:plain

私が留守をしている間に、弟が単管パイプの作業を進めてくれていた。予定通り身長125cmから200cmにアップしていた。(約1mの高さのところに水平方向に入っている単管は屋根の取り付け後に外す予定です)幅が4mになるので中間の2mのところにも高さ2mの柱を入れることにした。これがないと薪が崩れてきているのかどうかの判断が難しくなるのと、薪を積む際に2mずつ積む方が管理しやすい為です。

2×4材の話になりますが、前回は2.5m幅だったので屋根の横方向で使用する2×4材も3048mmを使用すればよかったのですが、4m幅になると4m以上の長さの2×4材が売っていないので、どうしたものかと思案してしまった。

f:id:kutomi-church:20180301102443j:plain

色々考えた結果、今回は2440mmを2本繋ぐことにした。しかし、このまま使っては屋根の両側が440mmずつ飛び出すことになるので、大屋根から雪が落ちてくることもあって、強度的にも飛び出しが長過ぎると壊れる可能性が高くなると判断。そこで140mmをカットして2300mmを2本繋ぐことにした。

f:id:kutomi-church:20180301102540j:plain

屋根枠の大きさが決まったので、あぜ板波もそれに合わせて長さをカットすることにした。1枚1200mmなので、4枚で4800mmとなり、そこから160mmをカットして仕上がりは4640mmとした。2×4材の幅が4600mmなので両端が20mmずつ出る計算になる。

f:id:kutomi-church:20180301102654j:plain

不定期につづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。