頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

誰もいない山荘の電気代が二千円アップして五千円に(泪)

昨年秋に山荘を手にいれてから、改装工事も含めて人が出入りしている時の電気代が三千円くらいだったので、雪で閉ざされて誰の出入りもない山荘の電気代は二千円くらいになると思っていた。基本料は約千円ですが、浄化槽のブロアーや凍結対策としてウォシュレットの電源が入れっぱなしにしてあるので、その分のアップを見越してでの金額です。(ちなみに先月は2684円)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

本心は出来るだけ千円に近付いてほしいと思っていたのですが、中部電力からの請求書は無情にも五千円となっていた。誰もいないのに、電気量が約二千円以上増えたことになる。

この主たる原因は水道凍結防止ヒーターによるものではないかと思う。浄化槽のブロアーは冬季に電気量が増えるものではないと思うからである。

正確に把握していないのですが、改修工事の際に風呂と洗面所で使用されていた水道凍結防止ヒーター5、6本は外して処分したのですが、台所の1、2本はそのままになっていたと思う。もし、外した5、6本がそのままだっと考えたらゾッとしてしまう。

水道凍結防止ヒーター以外にウォシュレットの方も怪しい。トイレが寒すぎて、しょっちゅうウォシュレットのヒーターがオンになっているような気もする。

水道凍結防止ヒーター用節電器NEWセーブ90 1本用ESS-T01N

調べてみると水道凍結防止ヒーターで電気代90%以上節約と謳っている品物があった。(詳しくはこちら セーブ90 - テムコ株式会社 )

今年の冬は諦めるとしても、来年は冬季期間中上記節電水道凍結防止ヒーターやブレーカーを完全に落としてしまう等の対策を考えねばならない。

 

それと、山荘購入前に「いつかはキャンピングトレーラー」という思いで、出物が無いか虎視眈々と狙っていたものの、結局は縁は無かったのですが、牽引車用として所有していた4WDのグランドハイエースを手放す事にした。

f:id:kutomi-church:20190209141005j:plain

この車は数年前に走行距離8万キロくらいの中古車を50万円以下(陸送費、修理代含む)の破格値で購入し、現在も未だ走行距離は11~12万キロぐらいないので、まだまだ乗れるのですが、所有していると維持費がかかるという理由と、この車は排気量が3.4Lで、どんなに大人しいアクセルワークで運転しても燃費が長距離で8.9km/L(最高記録)、アクセルを意識しない普通の運転をした場合は長距離で6.9km/Lと燃費が悪く、ハイオクと違いレギュラーガソリンであるところはいいのですが、積極的にこの車を使う気になれなかった。

山荘自体は移動はできないのですが、大きなキャンピングトレーラーが手に入ったという考え方もできるので、「いつかはキャンピングトレーラー」という思いが無くなったので、従兄弟にこの車を無料進呈する事にした。

f:id:kutomi-church:20190209141212j:plain

普段は使っていなかったので、外してあったバッテリーを繋いだり荷物を取り出したりして、引き渡しの準備を進めた。

f:id:kutomi-church:20190209141319j:plain

未だ一応使える冬用タイヤ(左)と、新品同様の夏用予備タイヤ(右)も一緒にお渡しする事にした。

山荘を所有した事で新たに発生する費用と、車を手放す事で解放される維持費が相殺されればいいと思う。

しかし、減車で不自由を感じた場合は中古の軽四でも探す事にしよう(笑)。

おしまい 

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)