頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760新旧2台の相違点 あなたのはどっち?

昨日アップした天板下の隙間については耐火セメントを使いセルフメンテナンスで対応できるが、今回の相違点は金額的にも我慢するしかないと思う。ドブレ760新旧2台の相違点の第2弾になりますが、旧型を見て違和感を覚えたのはフロントガラスである。 

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

同級生宅で中古のドブレ760の現品チェックをしたときに既に感じていたのだが、その時は炉内のメンテをしたときに、間違ってフロントガラスの内側にシリコンスプレーをかけてしまったのだろう、ぐらいに思っていて、さほど気にしていなかった。しかし、購入後リンレイ 換気扇レンジクリーナー 330mlで拭いてもとれず、ガラスに霧吹きで水をかけたと言うか、オーバーに言えば型ガラスのように見えてしまう。

f:id:kutomi-church:20180306101303j:plain

正面から真っすぐに見るときは気になるほどではないが、斜めに炉内をみようとすると型ガラス状態となる。

これを写真でお伝えしようと思って撮影するとガラスに反射して室内の光景ばかりが写ってしまうので、どうしたものかと考えた挙句、炉内にランタンを置くことを思いついた。これならなんとか写真で状況をお伝えできるかもしれない。

旧型の写真になります。写真をクリックすると大きくなって状況が分かりやすいかと思いますが、どこまで分かるかは疑問。

f:id:kutomi-church:20180306100103j:plain 旧型

f:id:kutomi-church:20180306100140j:plain 旧型

比較のために新型の方も同じように撮影しました。正面も斜めも非常にすっきりと見えています。

f:id:kutomi-church:20180306100351j:plain 新型

f:id:kutomi-church:20180306100429j:plain 新型

念のため、もう一度旧型を撮影。

f:id:kutomi-church:20180306100544j:plain 旧型

f:id:kutomi-church:20180306100644j:plain 旧型

ちょっと分かりにくくて申し訳ない。写真でお伝えするのはこれが限界。兎に角、斜め方向から炉内を見てすっきり見えないようでしたら旧型のガラスになります。

メトスが両方の在庫を持っているかどうかは知りませんが、万が一、何かのアクシデントでガラス交換をするようなことがありましたら、型ガラスっぽく見えない新しい方のガラスにしてほしいと注文されたほうがいいと思います。ガラスが大きく、焔が綺麗に見えるのがこの薪ストーブの魅力ですから。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。