頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

大屋根から鬼瓦が落ちてきた

これで2度目になるのですが、大屋根から下り棟瓦の先に付いてる鬼瓦が落ちてきた。

大屋根の雪が雪崩のように落ちる時に、鬼瓦を留めているステンレスの針金を引きちぎって落ちてきたものと推察される。

26年で2回目になるので 、屋根の構造上こんなものと諦めるしかないような気がする(泪)。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ アクセス数に対するポチ率を見ると、慣れない方はなかなか応援ポチをして頂けないのが現状のようです。そこで常連さんの1日1回のクリックでこのブログを支えてやって下さい。お願いします。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20210113163019j:plain

朝、事務所の窓を開けると雪山の中に鬼瓦があることに気が付いた。

昨日見た時は無かったので、昨夕か夜の内に落ちてきたのだと思う。

 

f:id:kutomi-church:20210113163259j:plain

前回もそうだったが、雪で包まれて落ちてくるのか、割れ物注意の鬼瓦が不思議と割れていない。

 

f:id:kutomi-church:20210113163422j:plain

大きさは大人の頭ほどの大きさで10kg以上あるので、人に当たれば即死ではないだろうか。

 

f:id:kutomi-church:20210113163611j:plain

大屋根に4ヶか所ある下り棟瓦の全ての鬼瓦を念の為調べてみたところ、もう1ヶ所傾いていて怪しい鬼瓦があった。

これも要修理だ。

 

f:id:kutomi-church:20210113163845j:plain

又、瓦と瓦の間に何故か隙間があるように見えるところもあった。

 

f:id:kutomi-church:20210113163945j:plain

その他、先日雪と一緒にプラスチックが転がっているのを発見した。

 

f:id:kutomi-church:20210113164110j:plain

これは見覚えのある色、という事で雨樋を見上げて確認した。

 

f:id:kutomi-church:20210113164159j:plain

案の定、雨樋の集水器が欠けていた。

 

f:id:kutomi-church:20210113164326j:plain

場所は本館ポーチの上だ。

 

大屋根は地面から屋根の下の部分まで高さが9m程あるので、修理となると足場代が高くなってしまうのですが、多分火災保険が下りての修理になると思う。

 

寒波襲来による豪雪は、備えのある雪国と言えど様々な被害をもたらしたのであった。

以上、1週間に渡って富山の雪情報をお伝えしました。

 

 

 アクセス数に対するポチ率を見ると、慣れない方はなかなか応援ポチをして頂けないのが現状のようです。そこで常連さんの1日1回のクリックでこのブログを支えてやって下さい。お願いします。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)