頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

地元の大きな植木屋さんから「柿、栗、モチで軽トラ軽く一杯」

地元の大きな植木屋さんから「柿、栗、モチで軽トラ軽く一杯」と、今年3回目の案内があったので、弟と2人で貰いに行ってきました。貰いに行っている間に、夏休みで帰省している高校生にはエンジン薪割り機で薪割りをお願いしておいた。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

現場に到着して原木の確認をすると、軽トラ3分の1弱の量で、連絡のあった内容と違っていたのですが、こういった事はよくある話です(笑)。

f:id:kutomi-church:20180815170435j:plain

多分ですが、植木屋さんに出入りしている職人さんが置いて行った原木を、敷地が広いので植木屋さんは確認せずに、職人さんの言葉を鵜呑みにして「軽トラ軽く一杯」と私に連絡をくれたのだと思います。

f:id:kutomi-church:20180815170510j:plain

私たちが原木回収に行っている間に薪割りの方もほぼ終わっていました。 

f:id:kutomi-church:20180815170620j:plain

写真右下の玉が本日の追加分です。

f:id:kutomi-church:20180815170953j:plain

割った薪はついに薪棚からあふれて野積みとなってしまいましたが、シーズンが始まるとこれくらいあっという間に無くなってしまうので、多すぎる分には何の問題もありません。

ちなみに、今割っている薪は薪棚が空になったところへ補充して、実際に使用するのは2~3年後になります。

f:id:kutomi-church:20180815171219j:plain

この調子で秋から冬に向けてどんどん原木が集まってくれればいいのですが、こればっかりは時の運に任せるしかないところです。

こんな時に山林があれば、

「足りなければ山に行って2~3本伐ってくるから心配いらないよ~」

と笑って言えるのに、と思ってしまいます(笑)。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。