頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760のメンテナンス 中編

シリコンスプレーをかけるのは薪ストーブの内部のパーツに対してのみ行います。外部にシリコンスプレーをかけると、来シーズン薪ストーブに火が入るとシリコンが焼けて、その煙で大変なことになります(笑)。外部はストーブポリッシュを使用します。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180417092235j:plain

レキュパレーターは部分的に腐食が進んでいたので、他の部分よりも念入りにワイヤーブラシで磨きます。

f:id:kutomi-church:20180417092454j:plain

磨く前の写真です。

f:id:kutomi-church:20180417092600j:plain

磨いた後ですが、完璧にザビは落ちていませんが、これくらいでOKとします。

f:id:kutomi-church:20180417092729j:plain

ワイヤーブラシの後はWD-40のシリコンスプレーを吹きかけます。

f:id:kutomi-church:20180417092849j:plain

バッフル板もワイヤーブラシで軽く磨いてからWD-40をかけます。

f:id:kutomi-church:20180417092952j:plain

炉床はくぼみを掃除するのが大変。くぼみ部分は小さなワイヤーブラシで、くぼみ以外は大きなワイヤーブラシで掃除します。

f:id:kutomi-church:20180417093144j:plain

大きな炉床の掃除は大変で、高圧洗浄機で水をかけて綺麗にしたいと誰もが思うのですが、そこは抑えて、ワイヤーブラシで頑張って綺麗にします。

f:id:kutomi-church:20180417095941j:plain

 WD-40をかけます。

f:id:kutomi-church:20180417100343j:plain

天板の下も錆が浮いていたので、ワイヤーブラシで軽くこすりWD-40のシリコンスプレーしておきました。シリコンスプレーがガスケットにかからないように、鋳物の中心にスプレーして、それをウエスで広げるように塗ります。近くにガスケットがあると他のパーツの様にベタベタにはできません。

f:id:kutomi-church:20180417100610j:plain

炉床を置く前に底の部分(灰受けの下と回り全体に)にもWD-40スプレーをしておきます。

f:id:kutomi-church:20180417100822j:plain

炉床を戻す時は、外す時と逆の手順で両端の小さなパーツを先に戻してから、真ん中の大きなパーツを入れます。

つづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。