頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

普請

車庫の外壁をリボスのタヤエクステリアで黒塗装

私が不在中に晴れたらしておいて欲しい外仕事の第三弾は車庫の外壁塗装になります。 これも、皆で一気に塗ってくれたようだ。 使っている塗料は、新館の外壁に使用したリボスのタヤエクステリアの黒だ。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポ…

大工の甥が風呂の蓋を作ってくれた

親方の棟梁から依頼を受けて、大工の甥が風呂の蓋を作ってくれた。 木の板を並べるだけでもいいと思っていたが、厚い板が無くなったとの連絡を受けたので、それでは薄い板を並べて横桟で固定し、そこに取っ手を付けてほしいとお願いしておいた。 1日500人以…

便器が付いて、風呂のタイルも完了し、二階の養生を外した

風呂の壁が張り終わり、別のタイル屋さんが助っ人で目地入れの工事に来てくれ、再び担当のタイル屋さんがカウンターと床面のタイル張り工事に入った。 物凄く忙しいらしく、この風呂のタイル張りが完了するまでこの現場にいる事が出来ない様で出たり入ったり…

風呂椅子、まな板、モチノキのサプライズ

現在工事中の風呂は大人二人が余裕で入れる大きさにした。 そして、そこで使う椅子や洗面器、手桶を品定めする段階に入ってきたので色々と物色中だった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。…

薪ストーブファンの方、普請ネタが続いていて申し訳ない(笑)

普請ネタにも、それなりにファンがおられるようですが、やっぱり薪ストーブネタを待ち望んでおられる方の方が多いようで、日に日にアクセス数が少なくなってきているような気がする(笑)。 しかし、普請完成まであと僅かなので、ラストスパートでゴールを目…

最初に目に付く重厚な建具が入った

先日大量の舞良戸が納品されて取り付けが済んだのですが、それから数日後、玄関に入ると一番最初に目に付く建具が納品された。 この建具も中古で購入したお気に入りの建具なんですが、中古品だけに高さも幅もぴったり来ないので、その調整を建具屋さんにお願…

浴室の天井に「かるかるブリック」の施工

浴室の天井は大工さんが構造用合板を張った後、フェルト、ラスメッシュ、モルタルだったと思う。 そして、いよいよ「かるかるブリック」を張る段になったが、現在のモルタル仕上げの天井に防水を兼ねたボンドを塗って貼っていく工法となった。 目地は限りな…

浴室の天井材がカルストーンからカルセラ、かるかるブリックへ

浴室の天井材の選定に悩まされてしまった。 フクビのバスパネルなど一般的な物にすれば別に悩むことは何もないのだが、それがユニットバスで使用されている分には何の抵抗もないが、在来工法の風呂には似合わないように感じてしまうので、それ以外で何かない…

ポーチ前の那智砂利洗い出し

外構工事は残すところポーチ前と建物後方の那智砂利での洗い出しだけとなった。 洗い出し工事は少し暖かくなって天候が良くないと始められないと左官屋さんが言われていたので、いつ始まるのか心配してたのですが、気温が高い日に左官屋さんが来られて、先ず…

舞良戸32枚の納品と取り付け

クローゼットは左2枚右2枚の合計4枚と計算して、建具の数は32枚あった。 そのほとんどが舞良戸である。 改めてその数の多さに驚くと共に、だから長年に渡ってお付き合いしてきた建具屋さんが 「誰かこの仕事やってくれんかね~」 となったのだと思った。 外…

BC工房の味のあるテーブルが手に入った

先日、購入したイタリアの椅子に合うテーブルが無いかとヤフオクで探していたのですが、モデルルームで展示されていた中古品で、面白いテーブルを見つけてしまった。 BC工房のテーブルとの事だが、BC工房は初めて聞く名前だったのでネット検索すると無垢のテ…

表札ではなく看板を注文した

親父の代から玄関にかける看板は、大工さんが用意してくれた板に墨書で教会名をしたためるというパターンになっていて、それを傍目で見てきたのですが、時間の経過と共に色あせて文字が見えなくなってしまうので、この問題を何とかできないものかと考えてい…

風呂の石張り工事、ここまで来る道のりが長かった

石の割り付け、その割り付けを踏まえての水栓金具の位置決め、追い焚き金具の位置決め、浴槽と洗い場の排水金具位置決め、天井高の指示、アスファルト防水工事が出来るまでの準備、下地のモルタルの厚み指示、壁面の歪み修正等と、施主がここまで関わって指…

小さな欅のテーブルと椅子をプレゼントしてもらった

大工工事は既に完了しているので、昨年の着工から五、六回に分けての最後の請求書が届き、約束の支払日に無事に支払いを済ませることが出来た。 大工さんは支払いのあった日に入金確認を済ませ、その日の内に東北から運んできた欅材の残りを利用して作った小…

正面玄関の網戸が入った

今年の五月で会社を解散する建具屋さんが請け負った最後の建具、玄関網戸の納品があった。 イメージとなる写真を渡して蔵戸風のデザインでお願いしてあったのですが、欅で作るととんでもなく高くなってしまうので、この建具も杉材でお願いした。 網はステン…

勝手口のタイル工事が完了した

タイル屋さんによる工事は、正面玄関と脇玄関に60cm角の大盤のタイルを張り、次にポーチの粘板岩の乱型が張り終わった。 続いて勝手口(裏玄関)の30cm角のタイル工事だ。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か3…

なかなか終わりの見えない普請

もう既に普請は終わっていて、記事が追い付いていないだけではないかと思っている人がいたので説明しますと、左官工事が手間取っておりなかなか終わりが見えない状態が続いています。 左官工事が終了次第配管屋さんがトイレや手洗い、ボイラー等を取り付ける…

歪んだ風呂下地の修正

風呂の空間は、将来水漏れが原因で土台などの構造材を腐らせないようにとの思いで、基礎コンクリートの高さを床よりも90cm高くした。 更にその高さまでアスファルト防水をしたので、水漏れの心配のない完璧な状態となっているのですが、大工工事が終わって直…

木製の洗面カウンターを大工さんに作ってもらった

未だブログで木製の洗面カウンターを紹介していなかった事を思い出した。 ある程度完成してから記事にしようと思って、取っておいたのだった(笑)。 二十年以上前から木製の洗面カウンターに憧れていて、なかなか実現できなかったのですが、漸く我が家で実…

正面巾木の御影石仕上げとポーチの乱型工事

乱型の黒い石が運びこまれた。 これはポーチで使用する粘板岩でポルトガル産だ。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブロ…

大迫力の玄関60cm角大盤タイル

玄関タイルの巾木工事が終わり、いよいよ土間工事となった。 60cm角の大盤タイルを真っ直ぐではなく斜めに張って、玄関戸を開けた時にタイルを含めた玄関全体の雰囲気で訪れる人に驚いてもらいたいという狙いがある。 その狙い通りに行くかどうかはタイルを…

玄関のタイル工事が始まった

長い間、職人の手配が旨くいかずほったらかしになっていた玄関のタイル工事ですが、漸く始まった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のク…

降雪はいいんだが水が氷ると職人が困る

今シーズンの初雪が二月に入ってというのも珍しいが、久し振りにマイナス3度の朝を迎えた。 「やっと降ったか」や「ついに降ったか」という思いが交錯し、いつもと変わらぬ一日が始まったのですが、朝の8時過ぎに職人さんが水が出ないと騒ぎだした。 1日500…

出入り業者からの駄目出し

基礎の立ち上がり部分は、設計上はコンクリート打ちっ放しで終了になっていたが、その基礎コンクリートの仕上がりが、型枠で打ちっ放し専用のボードを使っていなかったので汚いとダメ出しがあった。 今更どうしようもないので、左官屋を入れてモルタルをその…

一脚275円のイタリア製家具に4730円の送料

現在普請中の建物を見れば、私がいかに古民家好きか分かるかと思いますが、室内まで全て日本のアンティーク家具で揃えるかと言えば、そうではなく、モダンとの融合を考えていたりします(笑)。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応…

メガネ石の隙間埋め断熱材を買ってきた 

煙突工事には違いないのですが、薪ストーブではなくて灯油ボイラー用の煙突工事で使用するメガネ石の隙間埋め用の断熱材をホームセンターで買ってきた。 外部で取り付けたメガネ石カバーは、ボイラー室の室内側では要らないのかもしれませんが、バラ売りして…

重機を使わず人力で移植が出来るかトライしてみた 

一昨年既存の住宅の前にあった庭から、普請予定地の裏側に移動した門被りの松、五葉松、イチイの三本を重機が無い状態で移植できるかどうかトライしてみた。 チームリーダーは京都で造園業をしている長男だが、重機を使っての仕事は経験がないようだ。 1日50…

ポーチライト2灯以外にアプローチライト2灯の設置

玄関戸の両脇にポーチライトを設置したのですが、それ以外にアプローチライトも石の階段の両脇に設置することにした。 その工事は土に穴を掘る作業があるので、電気屋さんがスコップを握るのはあまり想像できなかったのですが、ちゃんと電気屋さんが施工して…

大工工事終了で各部屋案内

リビングで焚いた薪ストーブの暖房熱を遮断して逃がさないようにするための間仕切り三枚戸が入った。 デザインは腰板より上の鏡板を、型ガラス風のワーロン(アクリル板)にしよう思っていたが、作る直前に杉の柾目板を入手したとの連絡を受けたので、それに…

この普請最後のポンプ車がやってきた

ベタ基礎工事の時に活躍したポンプ車ですが、半年ぶりに現場にポンプ車が入った。 先ずは、お風呂の断熱材の押さえコンクリートの打設。 次に、犬走の打設である 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らず…