頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

本当なら今頃は新しい薪ストーブで楽しんでいるはずだった

本当ならば今頃は普請が完成し、新しい薪ストーブが二台稼働していて、そのレビューをブログをご覧の皆さんにお伝えしていたはずだったのですが、 普請の遅れは半年といったところか。

新たに導入する薪ストーブも、時間の経過と共に選定が二転三転しているので、現在の導入最有力候補の報告をしたいと思います。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

ターマテックTT80 

f:id:kutomi-church:20191118082950j:plain

一階のリビングにはターマテックTT80を予定している。 

https://termatech.jp/product/stoves/tt80/

 

f:id:kutomi-church:20191118083106j:plain

大きさはご覧の通りになります。

価格は480,000円+税 

ちょっと変わったシステムとして、ストーブ上部に内蔵された石が熱エネルギーを蓄えて、長時間にわたってその熱を放出するのですが、早く薪ストーブの熱を部屋中に行き渡らせる<対流熱モード>と多くの熱を吸収させる<蓄熱モード>の2つのモードの切り替えが出来るようです。

40cm以上の薪が入る燃焼室を備えながらも、ストーブ本体の奥行きが僅か372mmといいう設計も面白い。

f:id:kutomi-church:20191118084610j:plain

炉台は不要で、フローリングの上に直接薪ストーブを設置し、その前に専用のガラスフロアプレートを敷くつもりでいる。

価格は26,000円+税

ちなみに同じ大きさのスチールフロアプレートも19,000円+税で販売されている。

 

TermaTech高性能煙突システム

薪ストーブがターマテックなら煙突もターマテックで決まりだ。

https://termatech.jp/product/chimneys/

煙突の性能はターマテックのホームページを見るよりも、北欧直販のブログを見る方が分かり易いと思うので、未だご存じでない人の為に下に①と②を貼っておきます。

 

①北欧基準の断熱二重煙突はφ250mm

https://hokuou-chokuhan.com/stove/5714.html

 

②TermaTech の鋼鉄製シングル煙突

https://hokuou-chokuhan.com/stove/5638.html

 

コーキングに頼らないφ300mm三重筒システム

https://hokuou-chokuhan.com/stove/5326.html

(私の所有する山荘が記事になっています)

 

一階のリビングに設置したターマテックTT80の煙突は、リビングの天井を抜け、二階の洋間の床と天井を抜けて小屋裏、屋根へと続く。

昨日のブログでお伝えした通り、小屋裏には大工さんの手で既に角煙道を取り付けてもらっているので、煙突工事は何の問題もなく北欧直販さんに施工してもらえると思う。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)