頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ターマテックTT22も焚き付け材が要らないことを確認

今年は暖冬だったが、昨年よりも春先の寒さが長引いたように思う。しかし、ブログのアクセスが4月12日ごろより勢いがなくなったように感じたので、その辺りでシーズンオフを迎えた人が多かったのではないかと思っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)   

f:id:kutomi-church:20190505220025j:plain

富山県の我が家も5月1日に焚いたのを最後に今シーズン終了となったが、山荘の方は未だ寒く室温が10度しかなかったので、薪ストーブを焚くことになった。

今回は初めて焚き付け材なしで着火できるかを試してみることができた。

先ずは炉床の灰をある程度取り除き、一次給気口を確保し、中割の薪を二本×二本×二本で井桁に三段に組み、真ん中に着火剤を投入した。

ガラスが水滴で曇りそうになったので、扉は半ドアにしたり閉めたりを数度繰り返した。

ドブレ760と同様にターマテックTT22も写真の通り無事に着火することが分かった。

f:id:kutomi-church:20190505220944j:plain

一枚目の写真は、撮ったはいいがよく見ると自分の姿が写り込んでいることが分かり、取り直したがやっぱり写っていた(笑)。

一枚目は眼鏡なしで、二枚目は眼鏡ありになっています。笑ってやって下さい。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)