頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

薪棚が空いたので、今回はシングウPS210Mで薪割り

エンジン薪割り機の二台同時稼働で作業効率アップが目指すところだったのですが、今回も残念ながらオペレーターは私一人なので一台だけの稼働となった。そこで、どちらを使ったかというと、久しぶりにシングウの薪割り機にしました。当然ブレイブ20トン往復型との比較のレビューも織り交ぜながらになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)   

f:id:kutomi-church:20190321105625j:plain

6m幅のこの薪棚2スパン(4m分)を埋めるための薪割りになります。

f:id:kutomi-church:20190321111054j:plain

シングウPS210Mですが、これまで当たり前だと思っていたけど、ブレイブを知ることで当たり前でない装備である事に改めて感心しました。中々優秀な薪割り機であったという事になります。

f:id:kutomi-church:20190321105741j:plain

先ずは燃料タンクですが、燃料計があり、給油口にはフィルターが備わっています。ブレイブにはこれらの装備がありませんでした。

f:id:kutomi-church:20190321110219j:plain

次にアクセルとチョークレバーはどのエンジン薪割り機にもあると思うのですが、その下にあるON・OFFのエンジンスイッチは付いていて当たり前ではないようです。

f:id:kutomi-church:20190321110912j:plain

又、燃料コックと小さな燃料フィルターも付いているのが当たり前ではないようです。

f:id:kutomi-church:20190321111307j:plain

この薪割り機は作業台が低いので、腰掛けて薪割りをする事が出来て便利そうに見えるかもしれませんが、その反対です。腰掛けた状態で玉木をとったり薪に手を伸ばしたりすると、どうしても腰を伸ばした無理な姿勢をとってしまうので、腰に負担がくるという事が分かりました。腰高設計でないこの1点だけが、シングウPS210Mの欠点のように思えます。

f:id:kutomi-church:20190321111724j:plain

薪割り作業の方は途中で薪運び隊の応援が来てくれたので助かりました。約2時間半で1.5立米は割ったのではないでしょうか。

f:id:kutomi-church:20190321111908j:plain

アフターの写真になります。

次回の薪割りで、この薪棚を埋めたいと思います。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)