頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

人生初の賃挽き立ち会い

私の住む小矢部市の隣の高岡市に大工さん御用達の材木屋があります。これまでこの材木屋の横を通り過ぎる事はあっても中に入ることはありませんでしたが、東北から入手した欅材の賃挽きの日取りが決まり、大工さんから現場に立ち会うかどうかの連絡が入りました。この機会を逃したら一生経験できないかもしれないので、喜んで応じる事にしました(笑)。人生初になります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)

f:id:kutomi-church:20190213210819j:plain

f:id:kutomi-church:20190213210908j:plain

道路から外壁の一部を見ているだけではそんなに広そうには見えなかったのですが、一歩中に入ると広大な敷地でありました。

f:id:kutomi-church:20190213210948j:plain

そして、この建物の中で木挽きが行われようとしていたのですが、よく見ると先日東北から運んできた見覚えのある欅材が分散して置いてあった。

f:id:kutomi-church:20190213211352j:plain

最初に挽くのは40~50cm厚みのあるこの欅材になったようだ。

これを二寸七部厚で挽いていくと説明を受けた。大工さんが色々と考えて導いた数字で、これが式台の元となる厚みで、その後、大工さんの手で鉋がけをして表面を削り更に数ミリ薄くなって仕上がる事になる。

f:id:kutomi-church:20190213211726j:plain

大きな板が移動していく先に刃があるはずなので、どこのあるのか探してみると、ありましたバケモノの様なノコギリの刃が高速でぐるぐる回っていた。

「お~、あの近くには行きたくない。」

と、思ってしまった。

f:id:kutomi-church:20190213212040j:plain

先ずは薄く表面を剥ぐようにノコギリの刃が入った。

f:id:kutomi-church:20190213212302j:plain

端から端まで挽き終わった。さあ、どうなったでしょうか? 

f:id:kutomi-church:20190213212853j:plain

じゃじゃ~ん!

綺麗な木目が出てきた、上々の滑り出しであった。
つづく 

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)