頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

欅材を全て荷下ろしして賃挽きの段取りへ

4mの柱が2本、3.5mの柱が1本、2mの柱が2本、厚さ15cm長さ1.5~2mの板材が5枚+αいう内容だったのですが、聞いていた分は全てありました。しかし、天然物ですから虫食いがあったり細い太いがあったりしますので、現物が手に入って初めてこちらが求めていた木材として使えるかどうか吟味する事になります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20190131104729j:plain

上の写真の一番手前の材木が、本当なら四つ割りして20cm角の柱を4本とりたかったのですが、それが叶いませんでした。

真ん中の材木は大工さんがチョークで柱と書き込んであるところを見ると合格のようです。

一番向こうの材木は曲がっているせいか、大工さんの目には柱としては不合格のようで、梁と書き込んでありますので、そのように使う予定のようです。

私は大工さんより、6寸角で長さ3mの欅の柱6~10本との依頼を受けていたのですが、これですと未だ2本しか見つかってない事になります。

引き続き探すことになるのですが、そんな簡単に見つからないので、

「これは大変だ~。」

f:id:kutomi-church:20190131105825j:plain

柱材を降ろした後は板材になります。

f:id:kutomi-church:20190131110004j:plain

乾燥40年なので、その分埃をかぶって真っ白で木目が見えなかったのですが、大工さんが雑巾で拭いて木目を見せてくれました。

式台として使うには美しくないようで

「この木目で納得してもらえるなら、使いますが...」

と、大工さんの方はあまり満足しておられない様子だったのですが、私はこれで十分なので

「これを使って下さい。」

とお願いしました。

f:id:kutomi-church:20190131110529j:plain

そして、ついに大物登場です。厚さを測るのを忘れてしまいましたが、40~50cmあるのではないでしょうか。

f:id:kutomi-church:20190131110804j:plain

これも8cmほどの厚さに割って式台となる予定ですが、割ってみると虫食いだったというケースもありますので、賃挽き現場に立ち会うとハラハラドキドキになるのではないでしょうか。

f:id:kutomi-church:20190131111207j:plain

後はおまけの材木になります。

f:id:kutomi-church:20190131111309j:plain

大きな衝立が作れそうな材木ですが、ところどころ穴が開いているので、大工さん的には使い物にならないそうで、

「これの使い道を考えといて~。」

と、言われてしまった。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)