頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ドブレ760WDの給気バランスを操作の参考に

メトスからドブレ760WDや640WDが発売されて、同時に他社にはない情報が公開された。

それは給気調整レバーが1本となり、そのレバーの全開、中間、全閉時における給気バランスの情報である。

「さすがドブレ」

と思ってしまった(笑)。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

1給気全開

f:id:kutomi-church:20181230141420j:plain

f:id:kutomi-church:20181230141451j:plain

これは当然1次給気、2次給気、エアーカーテン給気全て100%である 

 

2給気半分

f:id:kutomi-church:20181230141558j:plain

f:id:kutomi-church:20181230141609j:plain

ここで注目してほしいのは1次給気が0%であるという事です。

これは持論ですが、巡航運転時に1次給気(炉床からの給気)は使用しません。

1次給気を止めないと薪の消費が早くなってしまうからです。

 

3給気全閉

f:id:kutomi-church:20181230141646j:plain

f:id:kutomi-church:20181230141657j:plain

そして、最終的には1次給気とエアーカーテン給気を0%とし、2次給気は30%残しているところがポイントになる。

 

但し、ドブレ ドブレ640WD/760WD | 薪ストーブ | 暖炉・薪ストーブ | METOSで確認できますが、「燃焼時に全閉してしまうと、不完全燃焼になります。

全閉での燃焼は控えて下さい」とありますので、ご注意頂きたいと思います。

 

我々旧型のオーナーにとって、この給気バランスの情報はレバーハンドルが1本ではないだけの話で、非常に参考になります。

レバーハンドル2本と、煙突ダンパーや、外気取入れキットを上記給気バランスを参考に操作して、今以上の省エネ且つ完全燃焼を目指したいと思います。

基本的には、これまで私がブログで公開してきた操作方法に違いはなかったことが確認できて安心したのですが、この情報を得たことで今後は、エアーカーテン給気をこれまで以上に絞っていきたいと思っています。

こんな感じで、日々研鑽を重ね 薪道 を極めたいと思っています(笑)。

ドブレ並びにメトスさん、貴重な情報を公開して下さって有難うございました。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)