頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

鋼板製薪ストーブでお湯は沸かせるのか?

鋼板製薪ストーブの高級機は天板が二重になっている為、お湯が沸かせない機種が沢山あると思いますが、ターマテックTT22でお湯が沸かせるのかどうかについて...

わたしの愛機であるドブレ760は天板が二重になっているので、お湯を沸かすのが苦手な機種であると一般的に思われている節がありますが、個人的にはちょうどいい具合にお湯を沸かすことのできる薪ストーブだと思っています。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)

f:id:kutomi-church:20181127120207j:plain

上の写真はビジラントですが、この薪ストーブの場合は天板が熱くなりすぎて沸騰したお湯が蒸発して無くなってしまうので、ウォーミングシェルフ(天板の横に取り付けてある鍋置き)へと鉄瓶を移動していました。

しかし、ドブレ760の天板の温度は大体200度~250度くらいなので、お湯を沸かすには丁度良いのではないかと思います。

f:id:kutomi-church:20181127132053j:plain

一方、ターマテックTT22の天板の温度を測って見たところ約150度~200度(200度にはなかなかならない)であることが分かりました。上の写真は見えにくいのですが、赤外線レーザー温度計は202度となっています。ターマテックTT22はドブレ760より平均すると約50度低い事になります。

これらの事から判断して、ターマテックTT22はお湯を沸かすのが苦手な薪ストーブであり、このシリーズのTT22R、TT22H、TT22Sですと保温は出来ても、沸かすのはちょっと難しい様に思えます。

しかし、天板が鋼板製のTT22であれば追加薪を繰り返して時間を掛ければお湯が沸かすことが可能になります。 

「貴方の薪ストーブは、お湯も沸かせないの?」

と、言われたくない人はTT22を選ばれることをお勧めします(笑)。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)