頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

薪ストーブ5台目にして初の鋼板製に対流式

基本的に、薪ストーブは輻射式でも対流式でもどちらでもいいと思っていたので、気にしてはいなかったのですが、今回購入したTermaTechのTT22は鋼板製で対流式だったのでバラバラになって運び込まれた部品を見ると遮熱板の様な部品が多く見られた。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)

f:id:kutomi-church:20181103211054j:plain

本体はこれで、

f:id:kutomi-church:20181103212355j:plain

本体以外がこちらになります。

f:id:kutomi-church:20181103212514j:plain

本体背面の姿に

f:id:kutomi-church:20181103212601j:plain

天板のない状態の本体になります

f:id:kutomi-church:20181103212859j:plain

横向きの写真になってしまいましたが、これが本体背面に取り付ける外装(バックパネル)です。

一番熱くなる部分が二重になっているのが分かります。という事は、本体の鋼板と合わせると三重ということになります。

このお陰で背面は可燃物からの離隔距離はたった15cmとなっています。私のこれまでの経験上信じられない短い距離です。怖すぎて鵜呑みにできない(笑)。

ちなみに側面は45cmですのでお間違え無く。全方向15cmではありません。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)