頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

北欧直販の煙突と薪ストーブを選んだ訳

別荘の見学時から、薪ストーブを設置するなら吹き抜け部分になると想定していたのですが、この別荘の吹き抜けは随分と天井が高かった。

「ここに、二重煙突を取り付けるとなると随分とコスト高になってしまう。」

これが最大の懸案事項であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20181102202216j:plain

これは二階から吹き抜けの天井を見上げた写真になりますが、二階からでも随分高く感じるので、実際に1階の床から天井までを測ってみると約8.5mもあった。

こういった場所こそ、私の大好きな北欧直販の安くて丈夫なTermaTech社の2mm厚のシングル煙突を利用すべきで、うってつけの条件が中古で購入した別荘で整った事になる(笑)。

時を同じくして北欧直販のBLOGに、随分と天井の高そうな薪ストーブ設置現場の写真が掲載された。

大阪府羽曳野市で薪ストーブTermaTech TT22の設置 | 北欧直販|薪ストーブと煙突の設置・施工

f:id:kutomi-church:20181102203646j:plain

写真を拝借して貼らせてもらってますが、

f:id:kutomi-church:20181102203729j:plain

凄く天井高があるように見えます。このオーナーさんもよく考えて、北欧直販さんを選ばれたんだんだと思う。

私はこの写真が決め手となったと言っても過言ではない(笑)。

更に

「煙突が北欧直販なら薪ストーブも北欧直販でしょう。」

という事で、薪ストーブは夏に北欧直販を訪問してから気になっていたTermaTech TT22シリーズにすることにした。

TT22は種類があるので、どれを選択しようか迷いに迷って、これも大阪の写真と全く同じ機種を選択する事にした(笑)。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)