頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

新宮商工の薪ストーブ担当者の対応に感謝

以前コールテン鋼で作られた薪ストーブで話題にしました薪ストーブ、スキャンの62CBですが、どこかで一目見てから購入の判断をしようと思っていたのですが、なかなか置いてありそうな店が無さそうなので、新宮商工のホームページから問い合わせをした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

すると翌日、私の携帯に神宮商工の担当者から電話が入り、近くの店で見る手筈を整えてもらえる事になった。

買うのを決定しているのではなく、現物を見て判断したいと言っているにも関わらずである。恐れ入りました。

f:id:kutomi-church:20181023113937j:plain

それから3週間ほど時間が経ちましたが、石川県のウッドペッカー金沢店から薪ストーブが入ったとの連絡があったので見に行ってきました。

f:id:kutomi-church:20181023114533j:plain

30年以上の歴史があるお店だと説明を受けましたが、置いてある薪ストーブの数が違う。30台以上あるのではないだろうか。

f:id:kutomi-church:20181023114403j:plain

個人的には玄関に置いてあったこのストーブが一番気になった(笑)。可愛い。

f:id:kutomi-church:20181023114740j:plain

あらゆるメーカーの薪ストーブが置いてあり、ここに来れば気になる薪ストーブが大方見られるのではないだろうか。

f:id:kutomi-church:20181023115352j:plain

ドブレのロックも写真で見るよりも実物の方が遥かに良く見えた。鋳物や炉内のバーミキュライトの作りの良さに感心した。

f:id:kutomi-church:20181023115047j:plain

ドブレ640WDも展示してあったので、当然扉の開け閉めや、バーミキュライトの作りなどを色々と確認してきた。

旧型よりも 新型は良くなってます、確実に(笑)。

f:id:kutomi-church:20181023115503j:plain

そして、いよいよスキャンの62CBですが、社長が開梱してくれました。デザインも期待通りで最高です。

f:id:kutomi-church:20181023115648j:plain

しかし、使っているバーミキュライトが軽すぎて質が良くないように思えました。

f:id:kutomi-church:20181023115835j:plain

バッフル板もバーミキュライトの横壁の孔に棚ダボで留めているだけ、という設計そのものが「?」です。鋼板や鋳鉄に棚ダボなら問題ないのですが、バーミキュライトに棚ダボでは弱過ぎると思います。

f:id:kutomi-church:20181023120106j:plain

f:id:kutomi-church:20181023120031j:plain

煙突掃除も煙突を外さなければできないことや、炉内の掃除も天板を外さなければならないという事が分かりました。

せっかくセッティングして下さったのに誠に申し訳ないのですが、今回はごめんなさいになります。

デザインは相当気に入ってますので、もし炉内のバーミキュライトの質が良かったなら購入を決めていたと思います。

f:id:kutomi-church:20181023120508j:plain

そして最後に、これだけ色々と取り扱っている薪ストーブ屋さんが一番愛しているのがヨツールのF500であることを知って、

やっぱりこいつは

KING OF 薪ストーブ

なんだと嬉しくなった。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)