頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

別荘で畳を喰う大きな黒蟻との闘い

あまりにも凄まじい光景は、その最中に撮影をする余裕はないし、ブログの事が頭をかすめても写す気になれない。嵐が過ぎて一段落してから撮影となるのがいつものパターンである。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20181010112631j:plain

今回もそうなってしまったのだが、二階の部屋の畳をまくると大量のおが屑と共に大きな黒蟻が何十匹も出てきた。最初はおが屑の意味が分からなかったが、どうやら畳を喰った痕のようである。その悲惨な状況を目の当たりにして、写真を撮る気にはなれなかった。

傍から見ていた大工さんは

「白くなくて良かったね~。」

だって。

確かに白蟻でなくて良かったのだが、そんなに喜べる状況でもない(笑)。

スリッパで蟻を軽く踏んで、瀕死になった蟻とおが屑をほうきと塵取りで掃き掃除をした。6畳の和室が3部屋あるので、順番に畳をめくって掃除を進めていった。

黒蟻の被害にあっているのは3部屋の内、2部屋だった。

1部屋目、2部屋目、3部屋目と黒蟻の駆除とおが屑の掃除を進めていき、最初の部屋に戻ると黒蟻がどこからか湧いてきているので、又、何十匹もスリッパで軽く踏んで致命傷を与え、ほうきで掃くを繰り返した。

f:id:kutomi-church:20181010112937j:plain

そして、ついに蟻の出入り口を発見することが出来たので、その穴に殺虫剤をスプレーすると、今度は穴からふらふらになった蟻が出てきた。

f:id:kutomi-church:20181010113013j:plain

とりあえず出てきた蟻は駆除して、更にスプレーの繰り返しである。そうこうするうちにやっと鎮静化してきた。

f:id:kutomi-church:20181010113043j:plain

本日掲載の写真は黒蟻との戦い後、数日経ってから撮影していますので、おが屑もありませんし、蟻も数匹見られただけです。

この日も穴に殺虫剤をスプレーしておいたのですが、更に数日経って未だ蟻がいるようなら今度はアリの巣コロリを買おうと思っています。

アース製薬 アースガーデン ハイパーアリの巣コロリ

「観察していると蟻がいそいそと毒の餌を巣に持ち帰り気の毒になるくらいで、翌日は全滅したのかパタリと来なくなる」

という頼もしいレビューを見たので本当かどうか試してみたいと思います(笑)。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。