頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

別荘が普通に使えるようになるまでの道

今回、私の購入した別荘は、普通の不動産物件だとここまでしなくてもいい、というところまで色々と手がかかるのですが、こうなる事は百も承知で購入しておりますので、恨み節は一切ありません。何故ならば、破格値だったからです(笑)。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180930170632j:plain

敷地もどこからどこまでかが正確に分からないので、限られた手元にある資料を基に測量をすることにした。

f:id:kutomi-church:20180930170843j:plain

巻尺も持っていなかったので、この際買う事にしてネットで色々調べて評判の良かったAmazonで販売されている写真の品物に決めました。30m、50m、100mとあるようです。気になる方は下に貼っておきますのでクリックして詳細をご覧になって下さい。

コメロン 巻尺 ファイバーグラステープ 13mm幅 30M KMC-1800

又、ウォシュレットは室温が0度までという衝撃の事実が今回分かったのですが、普段人の住んでいない別荘は外気温がマイナス18度になれば、トイレもマイナス5度くらいにになると思われるので本来はNGですが、又もやタブーに挑んでみようと思います。

f:id:kutomi-church:20180930171241j:plain

このウォシュレットですが、購入は今回が初めてではありません。

我が家は築23年になりますが、3年ほど前よりウォシュレットが壊れ始め交換を迫られました。壊れたのは便座のウォシュレット部分だけなので、そこだけ安価な物と交換すればいいと簡単に考えていたのですが、それが出来ませんでした。

何故なら、我が家には便座とタンクとウォシュレットの一体型の品物が入っていたからで、品番を伝えて調べてもらった結果、この品物の便器はウォシュレットだけの交換ができないと引導を渡されてしまいました。

そこで、見栄えのいい一体型の便器は今後買わないようにして、この先、ウォシュレットが壊れた時に何の問題もなくウォシュレットの部分だけ交換する事のできる便器を購入する事にしました。

約2年前に入れ替えた時は水回りの問屋さんからは便器を卸してもらい、ウォシュレットの便座だけはAmazonで販売されている物を購入して設備屋さんに取り付けてもらいました。

INAX 【日本製で2年保証&キレイ便座・コードレスリモコンの貯湯式】 温水洗浄便座 シャワートイレ オフホワイト CW-RT1/BN8

その時購入した便座が上の品物です。これがなかなか優れ物で、詳細は省きますが、使い方次第では0度以下の寒冷地での使用が可能ではないかと思われます。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。