頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

大工さんが現場入りし壊れていた屋根の確認

購入前から屋根の棟板金が半分ほど、壊れているのは分かっていたのですが、修理に向けての下見は、板金屋さんよりも大工さんの方が先になってしまった。気になるのは、棟が壊れている他に瓦棒の屋根材と思われる板金が建物の裏に転がっていたので、屋根も剥がれている可能性があった。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180924093805j:plain

大工さんは到着後、正面の階段の採寸から始まりました。

f:id:kutomi-church:20180924093958j:plain

屋根に上るルートを色々と検討していたようですが、最終的に正面から登る事になりました。屋根は多分ですが6寸勾配になります。

f:id:kutomi-church:20180924094444j:plain

あいにくの雨が降り出して、屋根は滑って危ないので作業中止かと思ったのですが、大工さんは屋根にかかっている二連梯子をロープで固定して、屋根の上に更にもう1台梯子を置いてその上を上っていかれました。作業続行です。

恐れ入りました、さすがプロです。

f:id:kutomi-church:20180924094749j:plain

安全対策で建物の後側からロープが張られていました。

f:id:kutomi-church:20180924094927j:plain建物後ろ側からの写真になります。分かりにくいですが、よく見ると屋根の上には大工さんの姿が見えます。

f:id:kutomi-church:20180924095124j:plain

屋根の上の写真です、棟部分に取り付けてあった大きな笠木が取れてプラプラになっていました。

f:id:kutomi-church:20180924095305j:plain

そして、恐れていた通り瓦棒の屋根の板金1枚が剥がれていました。

f:id:kutomi-church:20180924095453j:plain

f:id:kutomi-church:20180924100117j:plain

大工さんが壊れた笠木をロープで下ろしているところになります。

f:id:kutomi-church:20180924095554j:plain

降ろすと大きく見えます。

無事に屋根の確認が終わりました。数日後に板金屋さんも現場確認にこられたので、これから修理内容を詰めていきたいと思います。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。