頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

玉切り台を使ってみた(玉切り台デビュー)

先日、自作した玉切り台(腰の負担軽減の為、玉切り台を作製)ですが、柿とポプラの木を玉切りするのに使ってみました。但し、作業したのは私ではなく弟になります。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180922082759j:plain

キノコだらけのポプラだったので、キノコ削りが大変そうでした。

f:id:kutomi-church:20180922082640j:plain

キノコ削りも無事終わり、いよいよ薪割り台デビューです。

f:id:kutomi-church:20180922082943j:plain

太い原木は地べたに置いたまま切る方が工程が増えずにいいようにも思えたのですが、手間を掛けてでも薪割り台に載せた方がいいと思うかどうかがポイントになります。

f:id:kutomi-church:20180922083307j:plain

弟が実際に使ってみてどう思ったか最後に訊いてみたのですが、ひと手間を掛けてでも薪割り台に載せた方が楽に感じたそうです。

f:id:kutomi-church:20180922083458j:plain

そして、もう一つ気になっていたウイングの長さですが、これはウイングの先の細くしてある部分約14cmを丸ごとカットした方が良いかもしれない、という感想でした。

もう暫くこのままで使用してからウイングの長さを決めたいと思います。

f:id:kutomi-church:20180922083744j:plain

無事に玉切りが終わりました。

f:id:kutomi-church:20180922083804j:plain

玉にすると原木の時よりも量が少なくなったように見えます。

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。