頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

みんな、台風一過で薪棚は大丈夫だったかい?

猛暑は大変辛かったのですが、稲作と薪の乾燥にはよかったのではないだろうか。薪棚の薪は乾燥が進むと崩れてくるので前面から叩いて傾いてきた分を元に戻してやらなければならないのですが、台風前は尚更である。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180904142332j:plain

薪棚の薪が前に出ているのが分かりますか?

f:id:kutomi-church:20180904142445j:plain

アップにするとこんな感じです。

f:id:kutomi-church:20180904142605j:plain

薪を1本手に持ってガンガン叩いているところです。量があるので結構大変。これは高さ2mの薪棚だから発生する作業のように思えます。1.5m以下の高さの薪棚だと崩れる心配はないので、この作業は不要なのではないだろうか?

現在我が家の薪棚は全て高さを2mにしてあるのですが、その理由は、そうしないと薪が全量収まらないからです。

f:id:kutomi-church:20180904143108j:plain

先日野積みした薪の上にはゴムマットを屋根代わりに置いたのですが、それが風で飛ばされないようゴム製の重りの他にコンクリートブロックを追加しました。台風対策です。

f:id:kutomi-church:20180904143324j:plain

この全長13.5mの薪棚には未だ屋根がありませんが、今度の冬はこの棚にある薪を使う予定ですので、空になり次第ポリカで屋根を作製したいと思っています。

その際に単管パイプの柱も2m間隔で細かく入れる予定です。そうしないと、薪の傾き具合が分かりにくいという理由と屋根を支えるという構造上の理由も含めて柱の間隔は2mが一番だと、いろいろ経験した上で現在はそう思っています。

この薪棚の薪もガンガン叩いて傾きを直していたのですが、久々に蜂が出てきた。しかも30匹ほど。

f:id:kutomi-church:20180904144023j:plain

殺虫剤で駆除しました。

f:id:kutomi-church:20180904144115j:plain

発見できたのはこの蜂の巣1個だけでした。もう2個ほどあるようでしたが今回は諦めです。

さあ今夕から明朝にかけて台風で薪棚がどうなりますやら、何事もない事を祈りるばかりです。

皆さんもご無事でありますように。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。