頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

地元の大きな植木屋さんから今年2回目の原木案内

本日のタイトルですが、この方法だと年間何回植木屋さんから連絡を貰ったかが、一目瞭然になるので分かり易くていい、などと考えていたりします。便利、便利(笑)。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180809163914j:plain

出張中に携帯にショートメールで連絡が入った。

「梅、モチ、柿の原木が軽トラ軽く1台あります」

嬉しい連絡である。

それにしても、どうしてこんなに暑くなってから木を伐るのだろうか。気温30度を超えると基本的には活動できなくなる、暑さに弱い私には疑問である。

活動できなくなるとは言ったものの、こういった話は即時対応するように心がけています。相手がある場合は熱いの寒いの言ってられない。

出張から戻った翌日に直ぐ動いたのですが、気温は30度オーバーでした(笑)。

f:id:kutomi-church:20180809164327j:plain

これが梅、モチ、柿か~と思って眺めつつ、木肌に苔が沢山見られた。

f:id:kutomi-church:20180809164528j:plain

長さ調整や余分な枝はチェンソーでカットし、苔の除去はダイソーで買ったステンレス製の40cm物差しを使っています。

f:id:kutomi-church:20180809164912j:plain

上の写真がステンレス製物差しで、最近は薪の長さ(40cm)もこれで計っています。

f:id:kutomi-church:20180809165235j:plain

苔はこんな感じで剥いでいきます。

f:id:kutomi-church:20180809165322j:plain

下の写真は、本日の作業終了後の戦利品になります。

f:id:kutomi-church:20180809165638j:plain

植木屋さんからご連絡頂いた通り、軽トラに軽く一杯になりました。

f:id:kutomi-church:20180809165834j:plain

帰る前に植木屋さんに挨拶すると、奥さんが

「まだあるんですが、連絡してもいいですか?」

と訊いてこられた。

「喜んで、お待ちしてます。」

と、笑顔でお答えして、帰ってきた。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。