頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

北欧直販を訪問した一番の目的(三重筒煙突システム)

国内で販売されている二重煙突の黒塗装が、長年使用していると剥げてステンレスの地肌が出ているのをよく目にしますが、TermaTech社の二重煙突は黒色の塗装が剥げにくいのではないかと思う。それを気にする人が全体の何パーセントかは分かりませんが、気になる人には朗報かも。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

どうして塗装剥げが起きにくいと思ったかですが、5cmという断熱材の厚みが熱を遮断して塗装にダメージを与えにくいからです。しかし、ダメージの原因は直射日光や雨風もありますので、本当のところは長年使用してみないと分かりません。

この件は訪問時にお尋ねするのを忘れてしまったので、次回お会いした時にでも確認したいと思います。

さて、今回 北欧直販を訪問した一番の目的 はコーキングに頼らない雨仕舞いの構造を見せてもらいたかったからです。

大阪府羽曳野市で薪ストーブTermaTech TT22の設置

滋賀県草津市で薪ストーブTT22Hの設置

滋賀県高島市の新築住宅で薪ストーブ煙突先行工事

北欧直販のBLOGに時々登場するので、3つほどピックアップしてみました。

更にそのブログから写真をピックアップしてみました。

f:id:kutomi-church:20180729110724j:plain

直径25cmの TermaTech社の二重煙突をそのまま包み込む直径30cmの煙突カバーになります。

f:id:kutomi-church:20180729110825j:plain

煙突トップが付くとこんな感じです。

f:id:kutomi-church:20180729110937j:plain

別の写真になります。

f:id:kutomi-church:20180729111022j:plain

更にもう一枚、別の写真です。鳥の侵入も心配いらないとの事です。

この三重筒煙突システムを、今回直接見せてもらいました。

f:id:kutomi-church:20180729102458j:plain

訪問時に見せてもらった一体物の四寸勾配のチムニートップです。

f:id:kutomi-church:20180729102633j:plain

そこに筒煙突を挿していくのですから水は先ず入らない構造になっています。

f:id:kutomi-church:20180729103650j:plain

これはステンレス製でSUS304とお聞きしたと思います。漏れない錆びないで安心の煙突システムです。

私は近々薪ストーブ増設予定がありますので、その時は北欧直販の三重筒煙突システムでいきたいと思います。

つづく

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。