頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

薪集めで打ち合わせと違うのはよくある話

先日記事にした花屋さんからの杉の玉木500個の続きですが、長さ30cmの見本を1個見ながら、未だ長いのがありますとの事だったので、500個の玉木の内訳は30cmが約300個で40cmが100個、50cmが100個とそんなイメージで、樹種は杉だけどチェンソーで切断する手間がかからないのでお受けした、という流れになります。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180718151121j:plain

その玉木の第一便が運ばれてきたのですが、蓋を開けてみると15~90cmまで長さがバラバラだった。上の写真、手を置いているのは弟で、ブログに写真を載せた際に玉木の大きさが分かり易いようにとの配慮になります。

手がかからないと思っていたが、これはチェンソーを入れなければならないので、手がかかってしまう。打ち合わせと違うというのはよくある話だが、さすがに長いのはカットして使うとして、短過ぎる15~20cmの物はお断りした。

「分かりました、次回からは持ってこなければいいんですね。」

と、花屋さんは今回の分は置いていこうとしたので、

「冗談じゃなくて、今回の分も受け取れないので、持って帰って。」

とお断りした。

「長さを選り好みするなら、まとめて引き取ってくれる所へ持って行くと言われるなら、こちらは構わないので、そちらで決めて」

と振ると

「いえ、いえ、必要な分だけ取って下さい」

との事だったので、短過ぎるもの以外は全て受け取る事にした。

f:id:kutomi-church:20180718152551j:plain

話し合いが終わり、みんなで降ろしているところになります。

f:id:kutomi-church:20180718152705j:plain

上の写真はチェンソーでのカットが必要な60~90cm物。

f:id:kutomi-church:20180718153052j:plain

こちらの写真はカット不要な30~50cm物になります。

スウェディッシュトーチの元となる物が大量に入荷すると思っていただけに、随分と話が違う。最初から正確な情報を頂いていたら、この案件はお受けしなかったと思う。乗り掛かった舟だから途中下車していないだけである。

f:id:kutomi-church:20180718153649j:plain

「第二便もありますので、宜しくお願いします」

と、花屋さんは帰って行かれました。

f:id:kutomi-church:20180718154613j:plain

長すぎる玉木にチェンソーを入れ、暑いのでどうしようか迷いましたが

f:id:kutomi-church:20180718154424j:plain

引き続き、その勢いで玉木を全部割ることにしました。

f:id:kutomi-church:20180718154456j:plain

先日、電動薪割り機が壊れたので、このエンジン薪割り機だけが頼りです。作業時間は玉木の受け取り時間も含めて約2時間でした。

f:id:kutomi-church:20180718154517j:plain

ビフォアを撮り忘れていて慌てて撮ったので、本日割った薪もちょっと含んでしまいましたが、これが一応薪棚のビフォアの写真です。

f:id:kutomi-church:20180718154541j:plain

こちらが、アフターになります。ついに、この棚も一杯になってしまった。嬉しい悲鳴です(笑)。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。