頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

移植は大変だけど伐採は楽しかったりする

大きな木の移植は気合と根性が必要だけど、それほど大きくもない木の伐採はそんなに気合も根性も必要ないように思う。しかし、30度を超える気温の中での作業は、よ~しやるぞ~という気合と、汗でずぶ濡れになる覚悟が必要になる。その覚悟の上、移植から予定変更になった3本の木の伐採に取り掛かった。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180713140138j:plain

先ずは樹種不明の木から伐採した。この木が本日伐採予定の3本の中では一番大きな木になります。二股になっているので1本ずつ伐り倒しました。

f:id:kutomi-church:20180713140633j:plain

隣の木に寄りかかって傾いた状態で、そのまま玉切り作業を進めます。上から切れ目を次々と入れていき、最後は下から刃を入れて切断します。

f:id:kutomi-church:20180713140854j:plain

久し振りに私の作業風景です。

f:id:kutomi-church:20180713141406j:plain

弟と二人で作業するから早い早い、しかも女性陣が運び役で応援に来てくれたので助かりました。

f:id:kutomi-church:20180713141601j:plain

f:id:kutomi-church:20180713141659j:plain

あっという間に1本目終了です。 

f:id:kutomi-church:20180713142035j:plain

2本目と3本目は中略

本当は作業に追われ、写真を撮り忘れただけです(笑)。ということで、モチノキとツバキも無事に伐り終えました。

f:id:kutomi-church:20180713142338j:plain

作業後は、お約束の葉付きの枝が山になりました。しかし、これくらいの量ならば半日もあれば余裕で焼却できると思います。(訴えられなければ)

1週間ほど天日乾燥させた後、煙が出ないよう上手に燃やしたいと思いますが、毎度のことですが、こういう時にウッドボイラー( ウッド・ボイラー N-200NSB)が欲しいと思ってしまう。

 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。