頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

今度は小便器の手洗いのハンドルが回らないので修理

築23年、使用頻度の激しい水回りの故障が立て続けに起こり、修理に追われている。ま、私もこの程度の事しかできないんですけど、一応お役に立っているようです(笑)。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180706131432j:plain

今回の修理はこの手洗いのハンドルになります。

f:id:kutomi-church:20180706131532j:plain

約1年前より兆候が現れ、1ヶ月前から明らかに回りにくくなっていましたが、私も面倒くさいのでそのまま放っておきました。しかし、さすがにこれ以上放置できない状態になってきましたので重い腰を上げました(笑)。

f:id:kutomi-church:20180706131822j:plain

先ず止水栓を閉めようとしましたがあまりにも固いので特殊ペンチ(エンジニア ネジザウルスRX φ3~15mm用 PZ-59)の出番となりました。こういう時にこの特殊ペンチは滑らずに回せるので便利です。

f:id:kutomi-church:20180706131944j:plain

一旦回りさえすれば、後はマイナスドライバーで軽く回ります。

f:id:kutomi-church:20180706132110j:plain

修理に当たって先ずハンドルをばらすのですが、いきなり崩壊です。

f:id:kutomi-church:20180706132450j:plain

固着したプラスチックを剥がすのに、ここでも特殊ペンチ(エンジニア ネジザウルスRX φ3~15mm用 PZ-59)が活躍しました。

f:id:kutomi-church:20180706132658j:plain

アフターの写真になります。剥がし終えてきれいになりましたが、ハンドルが壊れたので、交換部品が増えてしまいました。

そこで、近々壊す予定になっている洗面所の部品を丸ごと移植できないかという事を思いつきました。

f:id:kutomi-church:20180706132856j:plain

その部品を外しましたが、本当に移植できるかどうかは、この時点では未だ分かりません。

f:id:kutomi-church:20180706133047j:plain

旧(右側)と新(左側)を並べてみました。ハンドルは二回りほど大きさが違いますし、スピンドル部品の方も全く同じ物ではありません。

しかし、これまでの経験上何とかなりそうな感じです。

f:id:kutomi-church:20180706133342j:plain

ハラハラでしたが、その後無事に取り付けすることが出来ました。ハンドルもスムーズに回る様になりました。

f:id:kutomi-church:20180706133551j:plain

本日活躍した道具になります。

おわり

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。