頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

山林は買えないのか第二弾(隣の県までドライブ)その3

そもそも私は花粉症で(笑)針葉樹の森の中にある山小屋は嬉しくないのですが、漸く見つかった山小屋付きの山林には針葉樹の森があるので、薪は諦めて建材として利用できないかとへと活用方法を色々と検討していたのですが、まさか隣の地主さんの所有とは驚きです。しかし、この物件はマイナス要因が多すぎます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20180624163724j:plain

ロフトの窓から、針葉樹林と反対方向を写した写真になります。

f:id:kutomi-church:20180624163442j:plain

車を停めたすぐ横には猪用と思われる罠が仕掛けられていました。いまさら、乙事主 (おつことぬし)では驚きはしませんが、この山にもいるという事がこの罠のお陰で確認できました。

一通り見学が済んで、購入しない方へと気持ちが傾きテンションが下がり始めていましたが、せっかく高速まで乗って岐阜県に来たんだから、お昼は奮発して飛騨牛を食べて帰ろうと、事前に調べてあったお寿司屋さんへと向かいました。

f:id:kutomi-church:20180624164527j:plain

ここがそのお店。

f:id:kutomi-church:20180624164219j:plain

飛騨牛のにぎりを出すお店です。

f:id:kutomi-church:20180624164409j:plain

何も知らないで行ったのですが、奇跡的に1台しかない駐車場に停めることが出来ました。

f:id:kutomi-church:20180624164743j:plain

これはアフターの写真になりますが、私たちが到着した時点でお店の前にはこの長椅子に沢山のお客さんが並んでいました。それを見て、これは1時間は待たないと席につけないと覚悟したのですが、何やら様子がおかしいので店の中に入るとテーブルが空いていて、「何名様ですか、どうぞ」との事。「あの列は何ですか?」と尋ねると、ドライブスルーの様に小窓から販売している品物の方に行列ができているとの事でした。

f:id:kutomi-church:20180624165234j:plain

その、小窓の売店の写真になります。

f:id:kutomi-church:20180624165333j:plain

メニューになります。

f:id:kutomi-church:20180624165442j:plain

f:id:kutomi-church:20180624165525j:plain

食品サンプルのアップの写真になります。

f:id:kutomi-church:20180624165751j:plain

f:id:kutomi-church:20180624165628j:plain

お店の中はこんな感じです。

f:id:kutomi-church:20180624165813j:plain

訪問前から決めていた特上飛騨牛づくしを4人前注文しました。

f:id:kutomi-church:20180624170027j:plain

結構待ったと思いますが、外の行列が終わったころに漸く運ばれてきました。

f:id:kutomi-church:20180624170147j:plain

4人前揃ったところで、みんなで

「いっただきま~す。」

高山訪問の主目的は山林の見学だったのですが、購入しない方向に気持ちが傾いてしまったので、ちょっぴり残念会のようでもありました。

f:id:kutomi-church:20180624170316j:plain

寿司ネタはアップにすると美味しく見えることを思い出して撮ってみました。

f:id:kutomi-church:20180624170430j:plain

山林の見学がないと食べられなかった飛騨牛のお寿司になります。この食事はみんな大満足で、美味しくいただきました。

もし山林を購入する気分でお店に来ていたら、私は酒杯と称して、ビールも飲んでいたと思う。(運転は妻)

これを見て我慢できなくなった人の為に一応調べてみましたら、Amazonで飛騨牛が売っていました。何でも売っているな~と、感心しつつ一応下に貼っておきます。

飛騨牛A5・焼肉・バーベキューBBQ用バラ肉  1Kg(600円/100g)[放射能検査証明書付き]

山小屋付きの山林ですが、今回は購入の決断までもうちょっとのところまできましたが、山小屋を実際に使えるようにするには購入価格の他に手直しが300万円ほどかかるので、見送ることになると思いますが、完全に諦めたわけでもなく後ろ髪を引かれる思いです。

3話に分けて3日連続でお伝えしましたが、ご覧頂き有難うございました。別の物件で次回 “山林は買えないのか第三弾” は必ずあると思いますので、乞うご期待という事でお願いします

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)