頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

炉壁との安全な離隔距離 その2

ドブレ760はリアヒートシールドが標準装備されていることになっているのですが、それは背面全体を覆うものではなく、背面中央の上部20cm角を覆う大きさの物を指してリアヒートシールドと呼んでいます。これが20cm角ではなくて全体を覆うサイズであれば自作する必要はありませんでした。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180618134749j:plain

私の感覚では、ドブレ760にリアヒートシールドは付いていないと思ったくらいですが、一応これがリアヒートシールドになるようです。

f:id:kutomi-church:20180618135006j:plain

20cm角といえども、これがなければ離隔距離はさらに増えますので、有るか無いかじゃ大違いなのですが、我が家の食堂に設置したドブレ760はこのリアヒートシールドから壁までが11cmしかないので、自作のリアヒートシールドを付けることにしました。

f:id:kutomi-church:20180618135325j:plain

これが自作のリアヒートシールドですが、これは元々は何かといいますと焼肉の鉄板プレートになります。

f:id:kutomi-church:20180618135555j:plain

これをヤフオクで二枚購入し、その二枚を金具で繋いで、更に引っかけれるようにフックを付けました。

f:id:kutomi-church:20180618135829j:plain

色々と検討した結果、この方法が一番簡単に、安く、そして綺麗にDIYできると判断しました。

f:id:kutomi-church:20180618140048j:plain

裏から見ると、こんな感じです。

f:id:kutomi-church:20180618140136j:plain

それを標準装備のリアヒートシールドに引っかけます。

f:id:kutomi-church:20180618140338j:plain

取り付け後は、正面からは自作のリアヒートシールドは見えなくなって、昨日紹介しました直径50cmのブリキの王冠だけが見えるようになります。

これらの熱対策のお陰でシーズン中は安心して薪ストーブをガンガン焚くことが出来ます。

皆さんの薪ストーブライフの参考になれば幸いです。

1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。