頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

炉壁との安全な離隔距離

炉壁は一般的に2.5cmや3.0cmの空気層を作る事を推奨されていますので、その通りにすれば安全で間違いがないと思います。しかし、私の様に何らかの理由で空気層を作る事のできなかった人は、使っている薪ストーブの機種にもよりますが、注意が必要となってきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

f:id:kutomi-church:20180618141943j:plain

メトスのホームページの中のドブレ760の頁

ドブレ ドブレ760CBJ | 薪ストーブ | 暖炉・薪ストーブ | METOS

この頁の下の方に「図面PDF」のボタンがあるのでクリックすると

http://metos.co.jp/support/files/kamin/stove/760CBJ.pdf

ドブレ760の図面がpdfファイルで見れるのですが、そこには空気層の設けていない安全な離隔距離は435mmとなっています。

しかし、私は取り付け工事の際に川原さんと話し合いの末、薪ストーブの前を大きくとりたいので、できるだけ壁に寄せて設置してもらいました。

壁と本体との距離は110mmほどです。

f:id:kutomi-church:20180618142131j:plain

空気層の設けていない壁の場合は危険な距離になります。又、二重煙突に接続されるまで、薪ストーブ本体と接続している煙突はシングル煙突になりますので、これも壁との距離は130mmほどなので危険な距離になります。

f:id:kutomi-church:20180618142404j:plain

このまま何の対策もせずに使用すると壁の中にある可燃材が年限の経過と共に炭化して火災になるリスクがあります。

壁の材料は上から1cm厚のタイル⇒0.6cm厚のケイカル板⇒厚さ不明のじゅらく壁⇒厚さ不明のじゅらく用下地材⇒厚さ多分1.2cmのラスボードとなりますので、これらを全て合わせると4cm以上は不燃材の層があるのですが、だからといって大丈夫というものではないと思います。

そこで、私は特別な方法でそのリスクを解消しました。

それがこれです。

f:id:kutomi-church:20180618122411j:plain

薪ストーブの後ろに何か吊るしてあるのが分かりますか?

f:id:kutomi-church:20180618122635j:plain

現在の設置状態で炉壁を最も熱くするのはこのシングル煙突の部分になります。

f:id:kutomi-church:20180618122818j:plain

その部分をカバーする為に、直径50cmのブリキの王冠を利用しました。

f:id:kutomi-church:20180618122959j:plain

次に薪ストーブの背面にヒートシールドが取り付けてあるのが分かるかと思いますが、メトスからはドブレ760の背面全体をカバーするヒートシールドは販売されていないと思います。

そこで、背面シールドは自作しました。

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)