頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

斧や鋏(はさみ)が切れなくなったら

時々ですが、家で包丁を研いだり雅楽のリードを削る小刀を研いだりという事はしているのですが、野外で使う斧や鋏(はさみ)を研ぐには何か研ぐための道具が欲しいと思っていました。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。

f:id:kutomi-church:20180529112040j:plain

私が家庭内で使用する刃物は繊細な仕事で使用するので、刃も荒砥石をする必要はありません。

f:id:kutomi-church:20180529112528j:plain

よって、1000番で研いで

f:id:kutomi-church:20180529112330j:plain

3000番で仕上げたりしています。

f:id:kutomi-church:20180529112644j:plain

しかし、外仕事の斧は荒々しく使いますので、研ぐのも荒砥石だけでいいのではないかと思うくらいです。

砥石 | 薪ストーブのファイヤーサイド

砥石で何かいい物がないかな~と考えているときに、ファイヤーサイドはつぼを心得た上手な商売をしていると思います。「そうそう、こんな品物が欲しかったんだ~」といった具合です。

しかし、そのお値段が私には高く感じてしまうので購入には至っておりません。

そんな中で砥石を物色していてホームセンターだったと思いますが、数百円(購入金額は失念)で買った砥石がこれです。

f:id:kutomi-church:20180529113628j:plain

鎌を研ぐ砥石として販売されていたと思いますが、荒と中、粒度の違う二種類の砥石がくっついています。

f:id:kutomi-church:20180529113815j:plain

手斧に付属していた皮ケースの上に

f:id:kutomi-church:20180529113910j:plain

手斧を置いて作業すると丁度いい感じでした。

f:id:kutomi-church:20180529114040j:plain

グレーの荒砥石で研いで、黒色の中砥石で仕上げます。

f:id:kutomi-church:20180529114247j:plain

 反対の面も同じように研ぎます。

f:id:kutomi-church:20180529114348j:plain

f:id:kutomi-church:20180529114453j:plain

こんなもんで十分でしょう。 という感じで、適当に終了します(笑)。

f:id:kutomi-church:20180529114559j:plain

これはステンレス製の鋏だったと思いますが、これも研いでやらないと切れなくなります。

f:id:kutomi-church:20180529114728j:plain

f:id:kutomi-church:20180529115050j:plain

これも先ほどの砥石で研いでやります。ボルトを外してまではしません。これも適当に研いで終了です。

こんなしょうもない記事をアップするなと怒られそうですが、進化の段階の「俺流」の研ぎ方でした。お許し下さい(笑)。

  1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。