頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760のメンテナンス 後編その2

一見、元通りに収まっているように見えるバッフル板ですが、実はここから上へ引っ張り上げてやらねばなりません。目安となるのはバッフル板とバーミキュライトの間に横一列に並んでいる15個の二次給気の穴が正面より見える状態にしてやることです。

 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180424162126j:plain

上の写真は不完全な状態になります。

f:id:kutomi-church:20180424164204j:plain

これが完全な状態です。バッフル板の両端にある爪(出っ張り)がバーミキュライトの上に乗って、奥にある二次給気の穴が見えるようになっていればOKだと思います。

このブログをご覧になっているドブレ760、ドブレ640のユーザーはすぐに愛機のご確認を。

誰も教えてくれないのよね~。こんな大事なこと(笑)。

f:id:kutomi-church:20180424164755j:plain

写真をアップにすると、こんな感じです。

f:id:kutomi-church:20180424164912j:plain

フロント扉のハンドルの内側からの写真ですが

f:id:kutomi-church:20180424165149j:plain

一旦ばらして、ワイヤーブラシで磨いてから、

f:id:kutomi-church:20180424165338j:plain

ワコーズのスレッドコンパウンドでベタベタにしてから元に戻します。

f:id:kutomi-church:20180424165429j:plain

この、ナットで留めてある四角いプレートは表裏があります。四角の1ヶ所の角が丸くなっていますのでそれで表裏を判断しましょう。

f:id:kutomi-church:20180424165735j:plain

これにて、サブ機のメンテナンスは終了です。煙突ダンパーを閉め、一次給気を閉め、エアーカーテンを閉め、二次給気もオプションが装着してあれば閉めます。

薪ストーブちゃん、お疲れさまでした。今年の10月中旬までの約半年間、お休み下さい(笑)。

1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。