頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760サイド扉のメンテナンス 後編

昨日の続きになります。サイド扉に装着されている鋳物の内扉を外します。センターのボルトをモンキーで回して外しましたが、相当固くなっていました。

 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180418092455j:plain

なんとか無事に外れました。こういうところがボルト止めになっているので、固くなっても外すことができますが、ネジでしたらアウトです。ネジ山がつぶれて「どうしよう?」という状況に簡単になってしまいます。ドブレのメンテナンスも考慮した「モノづくり」にいつも感心します。

f:id:kutomi-church:20180418093108j:plain

扉の内側には煤が付着していますので、刷毛で綺麗にします。ここで、ガスケットが一部取れてきているのを発見。前オーナーの同級生からは6年間一度も交換していないと聞いていますので、この際交換しようか迷いましたが、とりあえず応急処置として、浮いているガスケットを留めるだけで我慢する事にしました。サブ機ですから。

f:id:kutomi-church:20180418093538j:plain

ワイヤーブラシでセメントを綺麗に取り除いて、チューブ式のガスケット用セメントを絞り出して、外れたガスケットを圧着します。

f:id:kutomi-church:20180418093714j:plain

応急処置終了。夏場に「やっぱり直そう」と、なるような気がしますが、今のところはケチってこれにて終了。サブ機ですから。

f:id:kutomi-church:20180418094033j:plain

扉の内側もガスケットにかからないようにWD-40のシリコンスプレーをして、ウエスで隅々まで広げるようにして塗ります。

f:id:kutomi-church:20180418094347j:plain

鋳物の内扉の表と

f:id:kutomi-church:20180418094423j:plain

裏になります。これもワイヤーブラシで磨いてからWD-40のシリコンスプレーをします。

f:id:kutomi-church:20180418094542j:plain

ピカピカで新品のようです。

f:id:kutomi-church:20180418094636j:plain

先ほど、鋳物の内扉を外す際に固かったボルトは、ワイヤーブラシで磨いてから、焼付き防止のスレッドコンパウンドを塗ってやります。これで来年からは外れ易くなると思います。

f:id:kutomi-church:20180418094930j:plain

固かったサイド扉のハンドルも同様にワイヤーブラシで磨いてから、スレッドコンパウンドでベタベタにしてから元に戻します。

f:id:kutomi-church:20180418095133j:plain

経験上

KURE5‐56  WD‐40  スレッドコンパウンド

の順で日持ちしますが、値段もその順で高くなります。

f:id:kutomi-church:20180418095808j:plain

最後に各パーツを元に戻して、完了です。ガスケット以外は新品同様に仕上がりました。サブ機ですから(笑)。

つづく

 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。