頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

先ずはサブ機から煙突掃除 後編

せっかくタラップも付いて安全帯も購入したのだから、煙突トップとエビ曲の部分だけでも掃除しとこっかな~という軽いノリで始めたサブ機の煙突掃除でしたが、ここまでしたなら、もう少し、もう少しと、どんどん範囲が広がり、結局完璧に掃除することになってしまった(笑)。性格やね~。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180416204747j:plain

タラップの踊り場に立ち、煙突トップを外し、上からワイヤーブラシを入れてエビ曲45度とエビ曲45度の間までを掃除して、下のT曲に取り付けたレジ袋に煤を落としているところですが、今、原稿を書いていて気が付いた。ヘルメットを忘れている。素人やね~情けない。今度から気をつけよう。

f:id:kutomi-church:20180416212029j:plain

次に、外部T曲に取り付けてあったレジ袋を一旦外してワイヤーブラシの棒が通る小さな穴を開けます。

f:id:kutomi-church:20180416212234j:plain

それを再度外部のT曲に取り付け、今度は下から上へワイヤーブラシを通して、先ほど煙突トップからは掃除できなかった部分、エビ曲45度の下の直線部分を全て掃除します。

f:id:kutomi-church:20180416205553j:plain

f:id:kutomi-church:20180416205721j:plain

ここで、なんで薪ストーブの写真になったかというと、室内側の煙突を掃除するときにドブレ760は煤を炉内に落とすので、その準備のためにバッフル板を左右外している写真になります。室内の煙突を外さなくても煙突掃除できるところがこの薪ストーブの素晴らしいところです。

f:id:kutomi-church:20180416210023j:plain

バッフル板の奥、煙突のすぐ手前に付いているレキュパレーターも外します。この部品の名前は知らなかったので調べました(笑)。

f:id:kutomi-church:20180416210421j:plain

炉内を新聞紙で養生し、煤が飛び出て室内を汚さないように

f:id:kutomi-church:20180416210505j:plain

フロント扉を閉めます。

 f:id:kutomi-church:20180416211008j:plain

 室内側のT曲の蓋を外して汚れ具合を恐る恐る確認。

f:id:kutomi-church:20180416211314j:plain

綺麗すぎる。掃除の必要なし。今年はシーズン途中で薪ストーブをビジラントからドブレ760に変えた時に外して綺麗にしているので、こんなもんです。サブ機だから使用頻度も低いしね~。

f:id:kutomi-church:20180416211639j:plain

T曲の蓋を外したところからワイヤーブラシを入れます。水平方向と垂直方向の二方向を綺麗にします。

f:id:kutomi-church:20180416211902j:plain

懐中電灯で照らして内部を撮影。綺麗になりました。

垂直方向は煙突ダンパーまでしかワイヤーブラシが入りませんので、そこから先は薪ストーブの炉内よりワイヤーブラシを通します。

 

f:id:kutomi-church:20180416212846j:plain

炉内からワイヤーブラシを通して、煙突ダンパーまでの煤を落とします。

f:id:kutomi-church:20180416212708j:plain

炉内の新聞紙の上に煤が溜まりました。

f:id:kutomi-church:20180416213816j:plain

炉内の煤とレジ袋の煤の量は合わせてどんぶり一杯くらいでした。これにて掃除は終了になります。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。