頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

先ずはサブ機から煙突掃除 前編

玄関に設置した中古のドブレ760は、もう今シーズンのお役御免なので、先ずこのサブ機から煙突掃除をすることにした。煙突の横にタラップも付いて、安全帯も購入したことだし、今までみたいに足場を組まなくてもいいので、1人ででも始めることが出来る。有難い。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180416200656j:plain

先ずは脚立をかけて、外部のT曲の蓋を外し、そこにレジ袋をガムテープで取り付ける。何故か、いつもこのレジ袋の取り付け後の写真を撮り忘れてしまう(笑)。

f:id:kutomi-church:20180416200938j:plain

T曲の蓋の中の煤を確認。まあ、こんなもんでしょう。

f:id:kutomi-church:20180416201332j:plain

二階(三階の高さ)の窓から外に出てタラップに移ります。安全帯の金具をタラップに掛けてこれで安心。

f:id:kutomi-church:20180416201649j:plain

煙突トップを外します。

f:id:kutomi-church:20180416201756j:plain

煙突トップをひっくり返して汚れを確認。キレ~、掃除済みみたい。月に3~4日×6ヶ月×2年の汚れとは思えない、殆ど煤が付いていない綺麗な状態でした。

f:id:kutomi-church:20180416202220j:plain

上からブラシを入れて綺麗にするのはエビ曲45度とエビ曲45度の間までしかできません。ホンマ製作所のハゼ折り二重煙突(中空)は45度の部分が蛇腹になっているので、スムーズにブラシが入っていかないからです。

余談になりますが、高木工業所の煙突でしたら蛇腹になっていないので、下までワイヤーブラシを入れることが出来ます。

f:id:kutomi-church:20180416202938j:plain

あまり、下は見ないようにしていますが、さすがに三階の高さは怖いですね。

f:id:kutomi-church:20180416203131j:plain

タラップがどのように固定されているか確認。建物の内側より出ているボルトにタラップを挿して、上からナットで固定。更に雨仕舞と錆対策としてコーキングしてありました。

聞いていた通りになっています。安心。

つづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。