頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

6m幅の単管薪棚から薪の移動

今シーズン最後の薪の移動を行った。今回は6m幅の単管薪棚の薪で、現時点で2年間は経過していると思うので、来シーズンの焚き始めには3年物になる。覚えているのはこれくらいで、運ぶ際に分かったのだが樹種は思っていたものと随分違っていた。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180324165458j:plain

この棚は広葉樹しかないような気でいたが、杉や桐と軽い薪がかなり混じっていた。桐はもう既に燃やし切ったつもりでいたのだが、記憶違いだったようだ。

上の写真は屋根代わりに載せてあったゴムマットと重りを下ろしているところになります。

f:id:kutomi-church:20180324165729j:plain

8人での作業となったが、ポーチまでの運搬は軽トラを利用し、薪は山盛りで2台半分だった。

f:id:kutomi-church:20180324170049j:plain

 ポーチの二連式薪棚が一杯になりましたが、この薪は来シーズン用です。

f:id:kutomi-church:20180324170240j:plain

二連式薪棚から溢れた薪は上の写真の通り、いつもの様に仮設置き場を作り、そこへ。

丸いラックが壁となって薪の崩れを防止します。こちらの薪は今シーズン残り僅かですが4月中~末まで焚く分になります。多分余ると思う。

f:id:kutomi-church:20180324170713j:plain

さあ、次はこの幅6mの単管薪棚の屋根作製になるのですが、これから構想を練ります。 

   1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。