頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

湿気った薪はフロントガラスが曇り易くなる

春を感じる今日この頃ですが、暖かい日には朝1回と夕1回しか焚かないという日も増えてきました。最近は、先日ご近所から頂戴した稲木を焚いています。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

貰った時点で明らかに濡れていましたので、屋外の薪棚で風にさらされて乾かないかと思いながら、2~3日後には未だ乾いていないのを承知で焚き始めました。

f:id:kutomi-church:20180323132820j:plain

薪ストーブ脇のラックにしばらく置いておくだけでも表面の湿気が幾分か乾いてなくなります。

f:id:kutomi-church:20180323132733j:plain

しかし、完全に乾ききっていないので案の定フロントガラスが曇りました。写真では分かりにくいですが、向かって左側が黒くなっています。

f:id:kutomi-church:20180323133420j:plain

いつもと同じ焚き方をしているのに、フロントガラスが曇ってしまったら、真っ先に薪の乾燥を疑いましょう。

「え~、乾いていると思っていたのに~」

ということが結構あります。

本当はあってはいけないんですけどね(笑)。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。