頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

中古の単管薪棚の改良に着手

先日、同級生から頂いた単管薪棚に少々手を加えることにした。中古の単管薪棚がやってきた でも書きましたが、屋根に雪が乗ると撓(たわ)むとの話でしたので、屋根の横方向に入っている母屋(呼び名はこれであってますか?)を2本増やすことにしました。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180311120409j:plain

その前に、ここは風の強いところなので、薪が少なくなった時に風で飛ばされないように杭を打って固定しました。上はビフォアの写真になります。

f:id:kutomi-church:20180321120023j:plain

f:id:kutomi-church:20180321120111j:plain

左右2ヶ所を固定し、これで薪棚が空で軽いときでも飛ばされる心配がなくなりました。

次に、母屋の材料となる垂木を買いに馴染みのホームセンターへ走りました。サイズは45×45×3000mmになります。

ホームセンターではそのサイズの垂木が2種類販売されていました。

f:id:kutomi-church:20180321120557j:plain

米松の598円と

f:id:kutomi-church:20180321120752j:plain

赤松の570円になります。

どちらにしようか迷いましたが、米松の方が丈夫そうなので、米松を2本購入しました。

さあ、いよいよ取付けです。

不定期につづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。