頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760のメンテナンス(隙間埋め)

先日 ドブレ760新旧2台の相違点  で 書いた、旧型のドブレ760の隙間埋めはオフシーズンにしようと思っていたのですが、そこまで待てなくて、専用の耐火セメントを使って補修した。修理後の状態で再度焚いてみて、炉内の空気の状態を確認したかったからである。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180311155007j:plain

ガスケット用のセメントは持っていたので、最初はなまくらをしてこれを隙間に絞り出して終わりにしようかとも思ったのですが、思い直して、正規の耐火セメントで補修することにしました。こちらはチューブ式のものは持っておらず、手元にあるのは大きな丸いタッパの容器の耐火セメントになります。

f:id:kutomi-church:20180311155100j:plain

小さなコテを使って補修開始。耐火セメントは久しぶりに蓋を開けたのですが、だいぶ粘度が高くなっていました。これは水を足して混ぜておけば、又、柔らかくなるのでしょうか?

f:id:kutomi-church:20180311155238j:plain

写真の公開は恥ずかしい、あまりきれいな仕事でなくて済みません。はみ出したセメントは爪でガリガリすれば取れることが後で分かりました。上の写真はガリガリする前のものになります。

f:id:kutomi-church:20180311155318j:plain

撮影したのは片側だけですが、両側同じようにセメントで埋めています。天板を載せてはい、できあがり。これで炉内に余分な空気が入らないようになりました。

めでたし、めでたし。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。