頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

中古の単管薪棚がやってきた

トラックのバッタリを開いた状態でぎりぎり荷台に乗って中古の単管薪棚が運ばれてきた。同級生には有難いやら、申し訳ないやら、感謝で一杯だ。最初に話がきた時は単管を解体して運ぶものだと思っていたが、まさかそのまま運搬になろうとは。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180311115735j:plain

男手数人で引きずって片側を地面に下ろし、人力で持ち上げている状態でトラックを前方へ動かしてもらい、荷台から下ろした。

f:id:kutomi-church:20180311115921j:plain

男手が同級生を入れて6人だったので、それだけいれば何とか移動することができる重さだった。

 f:id:kutomi-church:20180311120105j:plain

予定していた所に設置し水平を調整し、完成。

f:id:kutomi-church:20180311120215j:plain

f:id:kutomi-church:20180311120409j:plain

横からと、斜めからの写真になります。二連式の薪棚を作る際の参考にして下さい。雪が乗ると撓(たわ)むとの話でしたので、屋根の横方向に入っている母屋(呼び名はこれであってますか?)を、もう1~2本増やした方がいいのかもしれません。

この後、同級生とは食堂のドブレ760の前でコーヒーを飲みながら、薪ストーブ談議に花が咲いた。そして、ほんの心ばかりのお礼(商品券)をお渡しした。

今回は有難うございました。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。