頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

YOUは何しにウチに来た?

雪融けもすすみ、そろそろ問い合わせが入るかも、という記事  やっと今年初の薪割りができた を先日アップしましたが、その問い合わせが携帯に入った。今年初の問合せが「欅伐るけど要る?」だったのですが、電話を頂戴したときは立看板に書いてある携帯番号は殆ど消えていて読めなかったので、今シーズン雪が降る前にメモっておかれたのだろうか?

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

薪の問い合わせの対応は非常に難しく、どの話を受けて、どの話を断るのか、受ける際の条件もお伝えしてと、それなりに大変である。(最近針葉樹はお断りしています)

基本的には「持ってきて下さい」の条件を、今回は軽トラを持っていないとのことだったので、こちらが折れて取りに行くことにした。明日伐るので明日来てほしいとのことだったのですが、あいにくその日は私は出張で不在となるので、電話を頂いたその日の午後から下見に行った。

f:id:kutomi-church:20180309113537j:plain

住所を頼りにナビで目的地と思われる立派な切妻屋根の邸宅を発見した。遠目だが、かなり大きな庭木が沢山あるのが分かる。欅も数本あったので、この中のどれかを伐るのだと思った。

ピンポンを押すと、電話を下さったご主人はあいにく不在で奥さんが怪訝(けげん)そうに出てこられた。その時の状況を簡単に説明すると、その奥さん曰く、欅の木2本の上の方をほんの1mほどしか切らないし、田んぼで焼却処分もできるのに

「YOUは何しにウチに来た?」

という対応であった。私は、電話でその方の夫と思われる人からお願いをされたから来たのであって、私の方から無理やり押しかけてきたのではないのだが、ま、これに近いことは度々あるので、いちいちこんなことで腹を立てないようにしなければならない(笑)。

「これが薪集めの極意である」(⇐ 笑うところ)

f:id:kutomi-church:20180309115244j:plain

せっかく足を運んだので、せめてブログネタにと写真を撮影。

f:id:kutomi-church:20180309115355j:plain

今回切るのは写真の欅2本である。しかし、上から約1m、玉にすると2本で約4個しか貰えないうえに先ほどの「YOUは何しに...」の対応なので、再度足を運び受け取りに来る気にはなれなかった。

つづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。